HOME > ニュース・情報コーナー > インドアソフトテニス大会

ニュース・情報コーナー

インドアソフトテニス大会

広島県インドアソフトテニス選手権大会 2018年12月12日放送

 

 

広島県インドアソフトテニス選手権大会が12月8日と9日に、栗原町のびんご運動公園でありました。

 

4月に行なわれた広島県知事杯の上位入賞者が出場できる大会で、2日間でおよそ100人の選手が参加しました。

 

初日の開会式では、尾道ソフトテニス連盟の宇根本茂会長が挨拶「怪我無くプレーしていただき、試合後には尾道観光も楽しんでください」と呼びかけました。

 

リーグ戦形式で試合が行なわれ、メインアリーナの3コートとサブアリーナの1コートで白熱した戦いが繰り広げられました。

 

初日のシニアの部は45歳以上の選手が5歳区切りでリーグ戦を戦いました。60歳のリーグに出場した尾道の栗尾さんペアは、2位入賞しました。

 

又、女子の2部リーグに出場した尾道の山戸さんペアと榊原さんペアは、それぞれ4位と5位でした。

 

月間アーカイブ

最近の投稿