HOME > ニュース・情報コーナー > 文化遺産パートナー講座

ニュース・情報コーナー

文化遺産パートナー講座

文化遺産パートナー養成講座 2018年12月13日放送

 

尾道市の日本遺産などについて理解を深める「第31回文化遺産パートナー養成講座」が12月1日、因島土生町の芸予文化情報センターで開かれました。

 

講座は、尾道市の魅力を発信するため、文化財の解説や案内を行う専門的な知識を持つガイドを養成する事業として行われています。

 

今回は、尾道遺跡発掘調査研究所の学芸員、卜部大嗣さんが、村上海賊に関連した仏教美術について解説しました。

 

卜部さんは、市内にある仏像など、村上海賊にゆかりのある文化財を紹介しながら、それぞれの特徴や村上海賊との関係について説明しました。

 

講座の模様は、12月17日(月)からの「ちゅピCOMおのみちアカデミー」で放送予定です。ぜひご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿