HOME > ニュース・情報コーナー > うみのなかまたち展

ニュース・情報コーナー

うみのなかまたち展

うみのなかまたち展 2018年12月19日放送

 

 

因島にある尾道特別支援学校しまなみ分校の小学生による、「海の生き物について」の展示が12月14日、土堂1丁目の尾道市立大学サテライトスタジオでありました。

 

展示は、支援学校の小学部に通う5人によるもので、児童たちは、2017年から学校の近くにある福山大学マリンバイオセンターの水族館を訪れ、海洋生物学科の高田浩二教授や学生から海の生き物について学んできました。

 

展示は、その学習の成果を発表する場として開かれたもので、「しまなみのなかまたち展」と題して、館内には鯛や蛸・ナマコなど、5種類の生物について、記したパネルが並びました。

 

マダイは「尻尾が黒い」、なまこの表面は「ぬるぬるしている」など、児童が観察したり、実際に触れたりして学んだ生き物の特徴を記していました。

 

又、タコの展示では、オスとメスの違いなど、細かく観察しないと分からないような部分まで、しっかりと見つけて記していました。

 

その他にも、海岸を再現したジオラマ風の展示や、海の中を再現した蛍光塗料で光るクラゲなどの展示があり、児童の説明に訪れた人が聞き入っていました。

 

しまなみ分校の担当教諭は、「子ども達は、活動を通して、大学の先生に沢山質問するなど主体的に動くようになりました」と、成長を喜んでいました。

月間アーカイブ

最近の投稿