HOME > ニュース・情報コーナー > 定例市長記者会見

ニュース・情報コーナー

定例市長記者会見

定例市長記者会見 2018年12月20日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が12月20日にあり、農林水産省が日本を訪れる外国人の増加に向けて行なっている「SAVOR JAPAN」について発表がありました。


「SAVOR JAPAN」は、農林水産省が2017年度から設けている認定制度で、認定地域での宿泊と食べ物、農業体験などを一体的に発信し、地域活性化や外国人観光客の増加を図ろうとするものです。

 

尾道市は、東土堂町に事務所を置く、株式会社se-edが計画した「尾道から発信するせとうちの食の魅力」~建築を拠点にした食と交流で地域を創造する~が認定されました。

 

se-edは、千光寺山南斜面にオープンした宿泊できる多目的施設「LOG」を運営していて、LOGを拠点に、尾道の食材を使ったメニューを提供する他、柑橘の生産者や水産業者と連携して様々な体験や交流が出来るよう計画しています。

 

今年「SAVOR JAPAN」には、全国17地域から申請があり、長野県白馬村などとともに、尾道を含む6地域が認定されました。認定後は、国によるPRの支援などを受けることが出来ます。

 

会見で、平谷祐宏尾道市長は、今後の期待を語りました。会見の様子は、20日の22:00からと、21日の7:00と15:00に放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿