HOME > ニュース・情報コーナー > 駅伝県代表選手 市長訪問

ニュース・情報コーナー

駅伝県代表選手 市長訪問

ひろしま男子駅伝 県代表中学生 市長訪問 2019年1月8日放送

1月20日に広島市で行われる「第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」の広島県代表メンバーに選ばれた、栗原中学校3年生の2人が1月17日、平谷祐宏尾道市長に大会での健闘を誓いました。
通称「ひろしま男子駅伝」と呼ばれている大会で、各都道府県から社会人、大学生、高校生、中学生の選手10人が選ばれ、広島平和記念公園を発着点に7区間48キロで、たすきを繋ぎます。
広島県代表の中学生は控えを含めた3人で、その内2人に、栗原中学校3年の塩出翔太君と、吉川響君が選ばれました。
尾道から中学校の代表メンバーで選ばれるのは初めてです。
6区3キロを走る塩出君は、「優勝がかかっている。自己ベストも出せるよう全力で頑張る」と話し、吉川君は、「県民全員の気持ちを背負い走りたい。出られなくても、サポートや応援を精一杯頑張る」と話していました。
平谷市長は「市内から初めて中学生が選ばれたのは見事。体調管理に気を付け、ベストを尽くして欲しい」と激励しました。
「ひろしま男子駅伝」は、1月20日、広島平和記念公園で12時30分にスタートします。