HOME > ニュース・情報コーナー > 市とJR 観光連携協定

ニュース・情報コーナー

市とJR 観光連携協定

尾道市とJR西日本岡山支社 観光振興連携協定 2019年1月18日放送

 

 

尾道市はJR西日本岡山支社と観光振興に関する連携協定を結び、1月17日(木)久保一丁目の市役所庁舎で締結式を行ないました。

 

式には、平谷祐宏尾道市長とJR西日本岡山支社の有田泰弘支社長が出席し、協定書に署名しました。

 

連携する項目は5つあり、尾道市の観光・文化の振興、JR尾道駅を起点とした地域活性化、観光素材の開発、情報発信などです。

 

具体的には、尾道市が取り組む観光事業について、JR西日本が発行しているガイド誌や、JR西日本の専用アプリで継続発信します。

 

又、新しくなるJR尾道駅を活用した旅行のサポート。観光列車やサイクルシップを活用した旅行商品の開発。尾道の食や土産物の販路拡大などを行ないます。

 

有田支社長は「駅舎建て替えのタイミングで、尾道をより一層重点地域に位置づけて永続的に観光振興の連携を強化したい」と述べました。

 

平谷市長は「最終的には定住人口の拡大を目指している、協定をその一歩としたい」と期待感を語りました。

 

JR西日本岡山支社が観光に特化した協定を自治体と結ぶのは初めてです。