HOME > ニュース・情報コーナー > 

ニュース・情報コーナー

 

尾道市の、2019年消防出初式が1月13日、向島町の向島運動公園でありました。

 

気持ちのいい青空のもと行われた出初式には、尾道市消防局と消防団、自主防災組織、少年消防クラブのメンバーたち合わせておよそ1200人が参加。はしご車やポンプ車など多くの消防車両も出動し、グラウンドを行進しました。

 

式典では、平谷祐宏尾道市長の式辞に続いて、広島県の防災ヘリから県知事の防災メッセージが投下され、消防活動に功績のあった個人、団体の表彰が行われました。

 

式典後には、消防車両との記念撮影や手押しポンプを使った消火体験があり、訪れた親子連れが楽しんでいました。

 

その後も、大規模災害を想定した訓練が行われ、消防隊員と消防団員が連携しながら、倒壊した家屋からけが人を助け出すまでの一連の流れを確認。最後に16本のホースを使った一斉放水で締めくくりました。

月間アーカイブ

最近の投稿