HOME > ニュース・情報コーナー > ソフトテニス 技術向上S

ニュース・情報コーナー

ソフトテニス 技術向上S

NTT西日本ソフトテニス部 技術向上スクール 2019年1月22日放送

 

 

ソフトテニスの強豪「NTT西日本ソフトテニス部」の選手が教える「技術向上スクール」が1月20日栗原町のびんご運動公園でありました。

 

教室はびんご運動公園の主催で開かれたもので、市内外の小中学生およそ85人が参加し選手から熱のこもった指導を受けました。

 

開会式では、2018年の日本リーグにおいてNTT西日本が7戦全勝で9連覇を達成したお祝いに、選手たちに花束が贈られました。

 

今回は、選手4人とコーチが講師を務めました。

 

ウォーミングアップの後、選手たちが試合形式でボールを打ち合い、鋭い打球に参加した子ども達が歓声を上げていました。

 

その後4つのコートに分かれて練習が行なわれ、参加者はフォアハンドや、バックハンドなど、テニスの基本となるうち方を中心に指導を受けました。

 

打つときの体の向きや、動作の入り方など細かく指導があり、子ども達は熱心に聞き入っていました。

 

参加した高西中学校の鴫田琉樹君と長江中学校の安宗輝一朗君は「部活動では教えてもらえない細かい部分について、手本を示してわかり易く教えてもらう事が出来た」と満足そうでした。

 

びんご運動公園では、「技術向上スクール」として、2016年から県内の様々なスポーツチームを招き、教室を開催していています。

 

教室は今回21回目で参加者は、累計900人を越えました。

月間アーカイブ

最近の投稿