HOME > ニュース・情報コーナー > 耳明神社 耳祭り

ニュース・情報コーナー

耳明神社 耳祭り

耳明神社 耳祭り 2019年3月5日放送

 

 

因島土生町の大山神社境内にある「耳明(みみご)神社」で3月3日、耳祭りが行なわれ、多くの参拝者が訪れました。

 

耳明神社は、耳の病気などが治る「耳の神様」として信仰を集め、尾道市内外から多くの人がお参りに訪れています。

 

耳の日とされている3月3日に祭りが行なわれ、境内に設けられた耳の形をした輪をくぐる「お多福耳くぐり」や、大山神社の拝殿で神事が執り行われました。

 

耳の形に似ている「サザエ」の奉納や、巫女舞などがあり、厳かな雰囲気の中、神事が行われました。

 

耳明神社では、参拝者が柱に取り付けられた耳を「トントントン」と3回叩き、さざえの貝殻に米と酒をいれてお供えをしていました。

 

773年に建立された耳明神社は、鎌倉時代に耳の悪い孫のために、お婆さんが神社に祈ったところ、病気が治ったという言い伝えがあり、以来耳の神様として信仰を集めています。

 

この日は、耳明神社の新しい神像の特別拝観もあり、3月3日は桃の節句ということで神社では使わなくなった「人形」などを供養する人形供養も行われました。

 

耳明神社の神像は、3月末頃まで公開されます。

月間アーカイブ

最近の投稿