HOME > ニュース・情報コーナー > テニス県代表 市長訪問

ニュース・情報コーナー

テニス県代表 市長訪問

ソフトテニス全国大会出場者 市長訪問 2019年3月5日放送

 

ソフトテニスの全国大会に出場する因島の小中学生2人が2月26日、平谷祐宏尾道市長を訪問し健闘を誓いました。

 

市長室を訪れたのは、因北小学校6年の西村 優那さんと、因南中学校1年の松浦 菜華さんで、西村さんは「第18回全国小学生ソフトテニス大会」、松浦さんは「第30回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会」に出場します。

 

西村さんは、広島県予選で優勝して全国出場を決め、松浦さんは広島県の南部大会で優勝後、選考会で県代表の上位8人に選ばれました。

 

西村さんは「ミスのない試合をしたい」、松浦さんは「得意な強い打球を生かしたい」と話し、2人とも優勝を狙うと意気込んでいました。

 

2人はこれまでに、それぞれ4回全国大会に出場していて、その内2回はダブルスでペアを組んで出場しています。

 

平谷市長は「全国大会でも頑張って欲しい。2人が中学校でペアを組んで活躍してくれることを楽しみにしています」と激励しました。

 

「全国小学生ソフトテニス大会」は3月29日から千葉県で開かれ、「全日本中学生ソフトテニス大会」は3月26日から三重県で開かれます。

月間アーカイブ

最近の投稿