HOME > ニュース・情報コーナー > 向東幼稚園 閉園式

ニュース・情報コーナー

向東幼稚園 閉園式

向東幼稚園 閉園式 2019年3月18日放送

 

向東認定子ども園に統合される向東幼稚園の閉園式が3月18日にあり、69年間の園の歴史に幕を閉じました。

 

式には、3歳から5歳まで合わせて103人の園児が出席し、教育委員会の式辞などに続き平谷 祐宏尾道市長が「幼稚園は閉園しますが、向東認定子ども園によって、子どもたちの教育がより一層充実することを期待したい」と挨拶しました。

 

また、向東幼稚園の関原 喜久代園長は挨拶で「幼稚園でのたくさんの思い出を胸に、4月から新たな道を歩み、これからの歴史を作ってください」と園児たちに呼びかけました。

 

その後、園旗の収納が行われ、園児から園長、そして佐藤 昌弘教育長へ園旗が手渡されました。

 

向東幼稚園は、1950年に向島東村幼稚園として設立。これまでにおよそ8,000人の園児を送り出していて、この日は5歳児35人が卒園を迎えました。

 

向東幼稚園は今後、向東保育所と共に向東認定こども園に統合され、園舎は解体後、こども園の園庭や向東中央児童公園となります。

月間アーカイブ

最近の投稿