HOME > ニュース・情報コーナー > 北高器楽部演奏会

ニュース・情報コーナー

北高器楽部演奏会

尾道北高校器楽部 演奏会 2019年4月3日放送

 

 

尾道北高等学校器楽部の第31回定期演奏会が3月24日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

ホールにはおよそ500人が詰め掛け、2年生と1年生だけでなく、卒業した3年生やOB部員らが、アンコール曲を含む14曲を演奏しました。

 

第1部では、全日本吹奏楽コンクールの課題曲「行進曲 春」の演奏や「さくらのうた」などを演奏しました。

 

第2部は、木管楽器・金管楽器などのパートごとの演奏が行なわれ、少人数ながら重厚な音色を響かせていました。

 

第3部はコスチュームも新たにポップス曲なども演奏し、NHK連続テレビ小説の主題歌や、ジブリ映画の「メドレー」など、親しみのある楽曲に、訪れた人たちが口ずさんだり、手拍子をしたりして楽しんでいました。

 

アンコールは、器楽部が代々演奏し続けている「ティコティコ」という楽曲で、軽快なリズムに、大きな拍手が送られていました。

 

器楽部部長の岡野由依さんは、「7月の豪雨災害で、今ある環境が当たり前ではない事を改めて実感しました。楽譜を前に努力している部員の姿に励まされて活動してきた。そんな仲間と同じ舞台で演奏できるのを誇りに思います」と演奏会のパンフレットに寄せていました。

 

この演奏会の様子は4月8日からの「ちゅピCOM11chおのみちスペシャル」で放送予定です。お楽しみに!

月間アーカイブ

最近の投稿