HOME > ニュース・情報コーナー > 市内小学校で入学式

ニュース・情報コーナー

市内小学校で入学式

市内小学校で入学式     2019年4月9日放送

 

尾道市内の全24小学校で4月9日、2019年度入学式が行われました。

 

49人の新入生を迎えた美ノ郷町の三成小学校では、学校の体育館で式が行われ、一年生たちは、上級生に手を引かれて入場すると少し緊張した様子を見せていました。

 

国歌と校歌の斉唱、教育委員会の告辞に続いて新入生の点呼があり、新一年生たちは担任教諭から名前を呼ばれると「はい!」と元気よく応えていました。

 

三成小学校の村上典代(のりよ)校長は、「学校の全員で、みなさんの入学を楽しみにしていました。小学校では、先生の話しをよく聞く事、大きな声で挨拶する事、自分の事は出来るだけ自分でする事の3つを目標に頑張ってください」と呼びかけていました。

 

在校生を代表して挨拶した6年生の藤原日夏詩さんは「小学校では、運動会や学習発表会など行事が沢山あります。一緒に楽しい思い出を作っていきましょう」と新入生たちに優しく語りかけていました。

 

尾道市教育委員会によると、3月29日現在 市内24の小学校への入学者数は962人で、同じく9日に入学式があった市内の公立中学校16校には993人が入学しました。

月間アーカイブ

最近の投稿