HOME > ニュース・情報コーナー > 名荷神楽 奉納

ニュース・情報コーナー

名荷神楽 奉納

名荷神楽 奉納 2019年4月23日放送

 

 

広島県の無形民俗文化財に指定されている瀬戸田町の名荷(みょうが)神楽の奉納が4月7日、名荷神社で行なわれました。

 

神楽は、地域住民が受け継いでいて、今年は演者およそ15人が、6つの舞を奉納し、およそ450人が訪れ見学しました。

 

高校生から79歳までの舞い手が、御幣や扇子を持って、五穀豊穣や家内安全を祈願。「悪魔祓い」や、「八岐大蛇」などの演目とともに、名荷神楽で受け継がれている「わら人形」に神酒を注ぎ、色の滲み方で、その年の米の出来をはかる舞も奉納されました。

 

名荷神楽は、室町時代に起こった疫病や干ばつを鎮めるために、島民が神社に奉納したとされ、1968年に広島県の無形民俗文化財に指定されています。

 

奉納の日は、神社付近に、地域住民が「たこ焼き」などの屋台を出して、賑わいました。

月間アーカイブ

最近の投稿