HOME > ニュース・情報コーナー > 平谷市長 初登庁

ニュース・情報コーナー

平谷市長 初登庁

平谷市長 初登庁 2019年4月23日放送

 

21日投開票の市長選で4期目の当選を果たした平谷 祐宏氏が4月23日、久保1丁目の尾道市役所へ初登庁しました。

 

平谷市長は、9時頃に本庁舎に到着すると、およそ150人の職員に拍手で迎えられました。

 

続いて行われた就任式では、冨永 嘉文副市長が平谷市長へ、「市長が掲げる『安心・誇り・成長・子どもたちの未来』これらの実現のために市政の遂行にあたります」と決意を述べました。

 

平谷市長は挨拶で、「これからの町づくりでは、現場の声をしっかり聞き、時代の変化を一早く掴むことが大切で、市民の声をしっかり背負い、情熱を持って取り組んでいきたい」と述べました。

 

平谷市長は、現在66歳で、2003年に尾道市教育長に就任。2007年に市長選に初当選し、今回で4期連続の当選となりました。

 

これからの町づくりについては、港を玄関口とした地域の活性化や、他の自治体と連携した課題の解決などに取り組みたいとしています。

月間アーカイブ

最近の投稿