HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道各流いけばな展

ニュース・情報コーナー

尾道各流いけばな展

尾道各流いけばな展 2019年5月24日放送

 

尾道市内の華道の各流派が集まる「尾道各流いけばな展」が5月27日まで、東御所町のしまなみ交流館1階市民ギャラリーで開かれています。

 

このいけばな展は、市内の華道のグループで作る「尾道各流華道協会」が毎年開いているもので、今回は5流派6団体の作品およそ50点が前期と後期に分けて展示されています。

 

展示には、「さわやかな 初夏の風にさそわれて」というサブタイトルが付けられていて、会場には、初夏に咲く花などを組み合わせた色鮮やかな作品や、ガラスの器と青く着色した枝を使った涼やかなものなどが並んでいます。

 

作品は、大作から小さなものまで様々で、訪れた人たちは、爽やかな初夏の雰囲気を表現した各流派の力作に、足を止めて見入っていました。

 

尾道各流華道協会の小林 明会長は、「今年は選挙などの関係で開催時期をずらしましたが、例年とは少し変わった季節感を楽しんでもらえれば嬉しい」と話していました。

 

「尾道各流いけばな展」の会期は5月27日(月)まで、場所はしまなみ交流館1階市民ギャラリーで入場無料です。

月間アーカイブ

最近の投稿