HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道造船 進水式

ニュース・情報コーナー

尾道造船 進水式

尾道造船 進水式 2019年6月13日放送

 

山波町の尾道造船株式会社 尾道造船所で6月7日、タンカーの進水式がありました。

 

今年3隻目となる船は、全長182メートル、横幅32メートル、総トン数3万トンの石油精製品の運搬船です。

 

進水セレモニーがあり、船の支え綱が切断されると、花火が上がる中、船は ゆっくりと船台を滑っていきました。

 

進水したのは、尾道造船が開発した「エムアール マークファイヴ」と呼ばれる尾道ブランドの船で、多種類の積み込みが出来るほか、従来の船に比べて操作性能、安全性能、メンテナンス、燃費、環境性能の向上などが図られています。

 

次回は、9月に進水式が予定されていて、一般の人の見学も可能です。

月間アーカイブ

最近の投稿