HOME > ニュース・情報コーナー > 開港850年記念切手

ニュース・情報コーナー

開港850年記念切手

尾道港開港850年記念切手 2019年8月20日放送

 

日本郵便中国支社は8月19日、尾道港開港850年を記念したオリジナルフレーム切手の販売を開始しました。

 

記念切手は、尾道の風景や港町の歴史に着目して作成されたもので、尾道水道や町並み、祭り、しまなみ海道などの様子がデザインされています。

 

切手は、10枚セットのシートが1枚 税込み1,300円で、2千シート発行され、尾道市内の郵便局38局の他、8月25日から日本郵便のウェブサイトでも販売されます。

 

8月19日には、販売を記念して、土堂2丁目の尾道商工会議所で切手の贈呈式が行われ、日本郵便中国支社 備南地区連絡会の武安敏さんたちが、商工会議所の福井弘会頭たちに切手を手渡しました。

 

尾道商工会議所では、切手を千シート購入し、会員企業に配るなどしてPRする予定で、福井会頭は「切手は開港850年の節目を広める絶好の手段なので、市内外に発信したい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿