HOME > ニュース・情報コーナー > JA尾道市 テント寄贈

ニュース・情報コーナー

JA尾道市 テント寄贈

JA尾道市 テント寄贈     2019年8月30日放送

 

JA尾道市は地域貢献活動の一環として8月28日、御調地区の公民館へ災害時の避難所運営などで使用できる簡易式テントを寄贈しました。

 

御調町の市公民館で寄贈式が行われ、JA尾道市の村上久男代表理事専務が、尾道市生涯学習課の内海直子課長に目録を手渡し、内海課長から感謝状が贈られました。

 

JA尾道市の寄贈は、地域貢献活動の一つとして3年前から行政や地域団体などを対象に行われているもので、尾道市へはこれまでに、カーブミラーやイノシシ用の防護柵など地域の要望に合わせた物品が贈られています。

 

今回寄贈されたのは、3.6m×5.4mのテント7張りで、昨年の豪雨災害などを踏まえて、より設置が簡単なワンタッチ式のタイプが選ばれました。

 

テントは御調町内の7つの公民館にそれぞれ贈られ、防災や公民館での活動などに役立てられます。

月間アーカイブ

最近の投稿