HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会9月定例会 閉会

ニュース・情報コーナー

市議会9月定例会 閉会

尾道市議会9月定例会 閉会

 

尾道市議会9月定例会が9月18日最終日を迎えました。議会では、最初に9月1日に無くなった城間和行議員の中学・高校時代の同級生、二宮仁議員がお別れの言葉を読み上げました。

 

休憩を挟んで再開し、およそ8億4,600万円を増額する2019年度一般会計補正予算案など30議案ほかを可決しました。

 

補正予算の主なものは、新しい本庁舎の建設工事や、災害復旧費などです。本庁舎の工事は、物価の上昇と、制御システムの見直しや、防犯カメラの台数を増やすため、8,400万円余り増えました。

 

昨年の豪雨災害からの復旧費は、農林水産施設や、公共土木施設と、山波小など3つの小中学校のがけ崩れなど、復旧工事に1億700万円です。

 

補正予算以外のものとして、尾道市市民会館を廃止する議案、市立の夜間定時制高校「尾道南高校」を、2020年度から単位制に移行する議案、尾道市消防団の入団資格を18歳以上の学生へも広げる条例改正案などがあり、可決となりました。

 

各会派が議案に対しての態度を表明する「討論」では、日本共産党が「市民会館は市民の利用が多い」と反対しましたが、その他会派の賛成多数で可決となりました。誠友会は、小学校のがけ崩れにより、損害を被った市民への尾道市の対応について苦言を呈しました。

 

議会ではその他、公平委員1人と人権擁護委員3人の再任、新しい人権擁護委員に御調町の下兼操勉さんを選任する事に同意した他、広島県行政書士会から提出された、「尾道市における行政書士法の遵守などに関する請願」を採択。国や関係省庁へ提出する意見書は、「高齢者の安全運転支援と移動手段の確保を求める」意見書を可決しました。

 

本日18日の市議会の様子は21:00から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿