HOME > ニュース・情報コーナー > 古道具店「冥王星」

ニュース・情報コーナー

古道具店「冥王星」

古道具店「冥王星」     2019年10月4日放送

 

久保でレトロな小物や絵葉書などを販売する古道具店「冥王星」が10月4日にオープンしました。

 

店主の堀田敬子さんが久保3丁目の自宅のガレージなどを改装して作ったお店で、道路に面したおよそ6畳と8畳ほどの室内のスペースで、古い絵葉書のほか、レトロな置物や食器類など味わいのある品を販売しています。

 

絵葉書は、曾祖父の堀田民之助さんが集めた戦前から戦後のもので、10月中は10月22日が天皇陛下のご即位を祝う祝日になっている事に因み、昭和天皇の即位に際して発売された絵葉書などが並べられています。

 

店内にはこの他に、尾道の戦前の様子を映した展示用の絵葉書もあり、当時の尾道の街並みなどを知る事が出来ます。

 

お店の名前の「冥王星」は、尾道の中心市街から見て、お店の場所が町の端の方にあることなどに因んでつけたもので、堀田さんは「ここまで来られた人が、気軽に入って楽しめる場所にして町を活気づけたい。古いものの魅力は、それぞれの歴史やドラマが感じられることなので、面白がって見てもらえればうれしい」と話していました。

 

古道具店「冥王星」の営業は10月は毎週金曜日と日曜日のほか、第1・第2土曜日。11月からは毎週金曜日と土曜日に加え、第1・第3日曜日にオープン予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿