HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道RCプレゼント賞

ニュース・情報コーナー

尾道RCプレゼント賞

尾道RCプレゼント賞 2019年10月18日放送

 

尾道ロータリークラブは、地域文化の向上に貢献した団体や個人を表彰するロータリープレゼント賞に平田玉蘊顕彰会の奥田浩久会長を選定し、10月11日、尾道国際ホテルで表彰式を開きました。

 

表彰式では、尾道ロータリークラブの岡本裕会長から、顕彰会の奥田会長にプレゼント賞が贈られました。

 

平田玉蘊は、江戸時代後期に名をはせた、尾道出身の女性画家で、顕彰会では毎年、命日の法要の他、講演会や企画展の開催、出版活動などを通して、玉蘊の顕彰活動を行っています。

 

顕彰会では、玉蘊の菩提寺である西土堂町の持光寺に、常設の展示スペースを設置する準備を進めていて、11月中旬以降にオープンする予定です。

 

賞状を受け取った奥田会長は、「今後は常設展示も活用し、玉蘊の素晴らしさを国内外に発信していいきたい」と話していました。

 

尾道ロータリークラブは、ロータリープレゼント賞として、毎年、団体または個人に賞状と金一封を授与し、活動を支援しています。

月間アーカイブ

最近の投稿