HOME > ニュース・情報コーナー > GSM実証事業開始

ニュース・情報コーナー

GSM実証事業開始

GSM実証事業開始   2019年11月1日放送

 

観光客の周遊や高齢者の移動手段などとして事業化を目指している「グリーンスローモビリティ」の実証事業が11月1日にスタートしました。

 

1日にはJR尾道駅前で開始式が開かれ、尾道市やJR西日本、備三タクシーなど事業の実施団体のほか、環境省や国土交通省からも来賓が出席しました。

 

平谷祐宏尾道市長は「グリーンスローモビリティが市民や観光客に新しい移動手段として定着し、尾道の更なる発展につながれば」とあいさつ。JR西日本の有田泰弘岡山支社長は「実証事業で、尾道の魅力が多くの人に伝われば」と期待を込め、出席者らでテープカットして事業開始を祝いました。

 

グリーンスローモビリティは全長およそ4メートル、幅およそ1.3メートルの7人乗りの電動車両で、尾道市の市章をイメージした赤色と瀬戸田レモンをイメージした黄色の合わせて2台を毎週金・土・日曜日と祝日に運行。JR尾道駅から東久保町の浄土寺まで、およそ2.8キロのルートに8か所の停留所を設けていて、2020年の1月31日までの期間中は無料で乗り降りすることができます。

 

また、専用のウェブサイトから車両の現在地や乗車人数を確認することも可能で、1日に16便を運行します。

 

実証事業では観光ルートとしての需要や、CO2の削減効果、渋滞緩和につながるかなどを検証する予定で、2020年度には瀬戸田町でも実証事業が行われる予定です。なお、11月3日はベッチャー祭りのため運休します。

月間アーカイブ

最近の投稿