HOME > ニュース・情報コーナー > 緑化事業 ケヤキ植栽

ニュース・情報コーナー

緑化事業 ケヤキ植栽

緑化事業 ケヤキ植栽 2019年11月7日放送

 

 

環境緑化事業として11月1日、美ノ郷町の美木原小学校で、校庭にケヤキなどの植栽が行なわれました。

 

1年生から6年生までの全校児童が参加して、完成記念式典が行われ、児童代表の土入れなどで植栽を祝いました。

 

木は、およそ8mの「ケヤキ」と「ツツジ」55本、シャリンバイ52本で、ケヤキは学校のシンボルとなるよう、校舎入り口付近で植栽が行われました。

 

この事業は、尾道市緑化委員会や広島県みどり推進機構などが、コンビニエンスストア「ローソン」の店頭に設置してある「緑の募金」を活用して毎年実施していて、今年は広島県内では美木原小学校など2校が選ばれました。

 

式典では、児童代表が土をかけ、ネームプレートを受け取り、お礼の言葉を述べました。

 

植樹に合わせて、ケヤキの木の周辺におよそ17㎡に芝生の張り付けも行われ、子ども達は、大きな木と芝生を見て嬉しそうな笑顔を見せていました。

 

月間アーカイブ

最近の投稿