HOME > ニュース・情報コーナー > 定例市長記者会見

ニュース・情報コーナー

定例市長記者会見

定例市長記者会見 2019年11月21日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が11月21日にあり、しまなみ海道のナショナルサイクルルートへの指定、尾道港開港850年記念講演会、親子で参加できるボール遊びのイベントに関する発表と、市内中心部の3小学校の統廃合についてコメントがありました。

 

日本を代表するサイクリングルートとして国がPRなどを強化する「ナショナルサイクルルート」に、しまなみ海道が指定された事について、平谷祐宏尾道市長は「観光需要を拡大させ、雇用創出も図りたい」と期待を込めました。

 

開港850年記念講演会は、11月23日(土)の14:00から「しまなみ交流館」で開かれ、それに先立ち、港の整備に尽力した江戸時代の町奉行「平山角左衛門」の石像と、記念碑の除幕が行われます。平谷市長は、開港850年のメインイベントである講演会への参加を呼びかけていました。

 

又、12月8日、びんご運動公園で開かれる「sompoボールゲームフェスタin尾道」について発表がありました。

 

イベントは、園児から小学生までの子供と、その保護者達が対象で、サッカー・ソフトボール・バスケットボール・ラグビーの4種類のボールゲームを、元日本代表選手などから教えて貰える他、親子で気軽にボール遊びができるコーナーもあります。

 

参加方法など詳しくは、尾道市のHPなどをご覧ください。

 

会見の最後に平谷市長は、土堂・長江・久保小学校の統廃合について記者からの質問に答え「統廃合と言う重い選択を、安心安全という課題の中で、責任ある考えで動いている。転校の見直しの検討を含め、教育委員会の考えを尊重していく」と述べました。

 

会見の様子は、本日21日の21:00からと、22日7:00からと15:00から放送予定です。是非ご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿