HOME > ニュース・情報コーナー > 本とおのみち

ニュース・情報コーナー

本とおのみち

本とおのみち 2019年11月29日放送

 

 

瀬戸内エリアの個性派書店や出版社などが一堂に会するブックイベント「本とおのみち」が11月23日(土)、JR尾道駅などで開かれました。

 

JR西日本や尾道観光協会などで組織する「尾道駅運営協議会」が企画したもので、尾道、福山、広島・岡山、鳥取、そして四国や台湾などの書店、20店が本を並べました。

 

「沈黙」をテーマにした本や、2000年代のサブカルチャー、秋のごはんが美味しくなる本など、様々なテーマで個性的な本が並び、訪れた人が手にとっていました。

 

駅の2階にあるオープンデッキでは、古本市が開かれ、色々な本が安価で販売されていました。

 

その他、本にまつわるワークショップや、飲食ブースの出店、書店の店主や編集者をゲストに迎えてのトークイベントもありました。

 

又、尾道市立図書館の民話紙芝居の披露や、土堂小学校児童のおすすめ図書の評論も展示され、さらに、市内の20店舗では、店主が思い思いに選んだ本を店頭に並べる「本とまちめぐり」も同時に開かれました。

 

イベントは、瀬戸内エリアの新たな魅力の発信と地域活性化を目指して、JR西日本が取り組む「せとうちパレットプロジェクト」の一環として行われたもので、多くの人に本の楽しさに触れてもらい、文学の町「尾道」をアピールしようと開かれました。

月間アーカイブ

最近の投稿