HOME > ニュース・情報コーナー > 会議所女性会 花いっぱい運動

ニュース・情報コーナー

会議所女性会 花いっぱい運動

尾道商工会議所女性会 花いっぱい運動 2019年12月13日放送

 

 

尾道商工会議所女性会の「花いっぱい」運動として12月12日、東久保町の浄土寺で梅の木の植樹が行なわれました。

 

樫本登美子会長たち7人が浄土寺を訪れ、小林暢善(ちょうぜん)住職立会いの下、植樹が行われました。

 

万葉集の梅の花の和歌が新しい元号「令和」の出典となった事から、紅白のしだれ梅2本を、浄土寺の玄関両脇に植えました。

 

参加した女性会メンバー全員と小林住職で土入れを行い、植樹を祝いました。

 

花いっぱい運動は尾道商工会議所女性会が30年以上続けている活動で、これまでにも尾道市内の寺院に多くの花を届けてきました。

 

浄土寺での植樹は4回目で、小林住職は「多くの参拝者に見てもらえれば嬉しい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿