HOME > ニュース・情報コーナー > チョークアート教室展

ニュース・情報コーナー

チョークアート教室展

チョークアート教室展 2019年12月20日放送

 

向東町のチョークアート作家 大原郁香さんが主宰している教室の生徒による作品展が12月25日まで、東御所町の福屋2階のギャラリーで開かれています。

 

大原さんは、2018年度の第103回二科展 絵画部門で、全国で3人選ばれた新人奨励賞を受賞するなど活躍しています。

 

作品展は、向東町で主宰している教室で学ぶ生徒たちの発表の場として毎年開かれているもので、会場には20人の作品およそ40点が並んでいます。

 

クリスマスをイメージしたものや、店舗の看板など、大きさもスタイルも幅広い作品が展示されていて、それぞれの作品には、生徒たちのチョークアートに関するコメントが添えられています。

 

また、初公開の大原さんの作品や、教室の活動を紹介する写真などもあり、訪れた人の目を楽しませています。

 

大原さんは「寒い時期に心が温かくなるような作品を展示しています。作品展を通してチョークアートに興味を持ってもらえれば嬉しい」と話していました。

 

大原さんの教室では現在、生徒を募集しています。お問い合わせは、電話080-6317-0908大原さんまでです。

月間アーカイブ

最近の投稿