HOME > ニュース・情報コーナー > 詐欺防止に感謝状

ニュース・情報コーナー

詐欺防止に感謝状

詐欺防止に感謝状    2019年12月25日放送

 

尾道警察署は12月23日、特殊詐欺による被害を未然に防いだとして、ローソン因島重井店の3人に感謝状を贈りました。

 

因島土生町の尾道署因島分庁舎で贈呈があり、ローソン因島重井店の村上楓副店長と、アルバイトの大出菜々さん、店舗オーナーの小川佳孝さんにそれぞれ尾道署の亀山道浩署長から感謝状が手渡されました。

 

尾道署などによると、11月29日、電話で話しながら来店した70歳代の男性が電子ギフトカードの購入を求め、対応した大出さんが男性の様子を不審に思い村上副店長に相談。

 

村上さんが男性から求められて電話にでると、相手が片言の日本語で「男性に代われ」などと話し、怪しいと感じた村上さんは、購入を止めるよう男性を説得しました。

 

その後、通報で警察署員も駆け付け、被害を未然に防ぎました。

 

村上副店長は「明らかに怪しいものでも引っかかってしまう人がいる。声掛けが大切だと感じた」と話し、大出さんは「被害を防げたことを自信にこれからもお客さんに対応したい」と話していました。

 

尾道署によると、今回の詐欺は、パソコンが使えなくなるなどの警告を画面に表示させ、金銭を要求する架空請求詐欺の一つで、オーナーの小川さんは「今後も、犯罪の方法や手口を店員に指導し、被害を防いでいきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿