HOME > ニュース・情報コーナー > 帆布・尾大生コラボバッグ

ニュース・情報コーナー

帆布・尾大生コラボバッグ

尾道帆布・尾大生コラボバッグ 2020年1月17日放送

 

土堂2丁目の工房尾道帆布で、尾道市立大学美術学科の嶋村凪紗さんのデザインを取り入れたエコバッグなどが販売されています。

 

バッグは、ショルダータイプ・ランチバッグ・トートバッグの3種類があり、全ての商品に、嶋村さんがデザインしたネコと階段をイメージした図柄がプリントされています。

 

このデザインは、尾道市立大学の学生たちが地域活性化案を企画する実習課題の中で嶋村さんが考えたもので、尾道らしいデザインを商品に活かそうと尾道帆布がコラボレーションを提案。エコロジーを意識した新商品として製作されました。

 

ショルダータイプとトートバッグには、環境にやさしい素材で作られたレジ袋が付属し、バッグのストラップに袋を取り付けて、ゴミなどを持ち帰ることができます。

 

また、ランチバッグは、弁当や水筒を持参することで、使い捨ての容器を減らす活動を促しています。

 

この他、嶋村さんのデザインを取り入れたランチシートや箸入れ、エプロンなどもあり、尾道の坂道や桜、木陰をイメージした色の商品が期間限定で販売されています。

 

嶋村さんは「尾道らしさを感じてもらえれば嬉しい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿