HOME > ニュース・情報コーナー > 高須会 尾道市へ寄付

ニュース・情報コーナー

高須会 尾道市へ寄付

高須会が尾道市へ10万円を寄付 2020年2月7日放送

 

 

高須町の企業経営者たちで作る団体「高須会」が1月30日、高須小学校と高西中学校の備品購入費として、合わせて10万円を尾道市へ寄付しました。

 

高須会は事業経営の情報交換や青少年の育成など、地域貢献を行う任意団体で、現在45人で活動しています。

 

この日は、高須会の半田光行(はんだ・みつゆき)会長をはじめ6人が市長室を訪れ、半田会長から平谷祐宏尾道市長へ目録が手渡されました。

 

寄付は、地元の高須小学校と高西中学校で使う備品の充実を図るため、1980年頃から続けられていて、寄付金の総額は、学校へ直接寄付したものを除き、今回で200万円になりました。

 

半田会長は「児童・生徒たちの役に立つことを願い、活動を続けています」と話し、平谷市長は「子ども達のために、長い間支援を頂き感謝しています」と伝えていました。

月間アーカイブ

最近の投稿