HOME > ニュース・情報コーナー > コロナ感染者確認 市対応

ニュース・情報コーナー

コロナ感染者確認 市対応

新型コロナウイルス感染者  市対策会議 2020年3月23日放送

 

 

市内で新型コロナウイルスの感染者が、2人確認された事に伴い尾道市は、3月20日と22日に対策本部会議を開き、対応策などを発表しました。

 

市内に住む40代の会社員男性の感染が20日に確認され、その会社に勤める50代男性の感染が21日にわかりました。

 

一人目の40代男性は、出張先のフィリピンで感染した可能性が高く、濃厚接触者の家族3人と、勤務先の同僚や出張に同行した人たちを検査した結果、50代の同僚の男性の感染が分かりました。

 

50代の男性は、3月に海外出張していた事もあり、感染の経路が渡航した時か、同僚の男性と接触した時なのか、分かっていません。

 

尾道市は、部長らで組織する対策本部会議を相次いで開き、感染拡大防止の対策を発表。手洗いの励行、不要不急の集会の自粛を呼び掛け、専用ダイヤルを設置する事などを決めました。

  尾道市新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 

    0848-38-9448 

   (平日・休日 8:30~17:15)

 

又、千光寺公園など、尾道市内の市が管理する公園で、大人数で飲食を伴う花見の自粛を求める事を決定し、千光寺公園の花見用のシャトルバスの運行や臨時駐車場の設置を取りやめました。

 

さらに、尾道市が運営する屋内のスポーツ施設の利用を休止。美術館などへは、一度に入る人数の制限を設けます。

 

尾道市は新型コロナウイルスに関する情報を随時、尾道市のHPや公式LINEなどで発信する予定です。

 

 

月間アーカイブ

最近の投稿