HOME > ニュース・情報コーナー > 特別職・議員 手当カット

ニュース・情報コーナー

特別職・議員 手当カット

臨時議会 特別職・議員たちの手当カット 2020年5月29日放送

 

 

尾道市議会臨時会が5月29日にあり、市長たち特別職の夏の期末手当、いわゆるボーナスを減額する事などが決まりました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、深刻な影響を受けている市民や市内の事業者の状況を踏まえ、市長・副市長・教育長と、上下水道事業管理者へ6月に支給する夏の期末手当を2割カットする条例改正案が可決されました。

 

これによりカットする額は、市長50万7600円、副市長42万1200円、教育長36万7200円、上下水道事業管理者は31万8600円の合計203万5800円です。

 

又、議員の6月に支給する期末手当を20%減額する議案も賛成多数で可決されました。特別職や議員らの手当の減額分は、新型コロナウイルス対策の財源の確保などに充てられます

 

臨時会ではその他、交通事故の専決処分や、新型コロナウイルスに関連した傷病手当金の支給などの条例改正案が可決されました。

 

この臨時会の模様は、本日29日の21:00から収録放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿