HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会 閉会

ニュース・情報コーナー

市議会 閉会

市議会 閉会    2020年6月30日放送

 

尾道市議会6月定例会が6月30日最終日を迎え、2020年度一般会計補正予算案など48議案ほかを可決しました。

補正予算の主なものは、新型コロナウイルス対策関連で、国の施策の実施分を合わせて9億2千300万円この内、尾道市の独自対策に5億7,000万円を計上しています。


その他の議案の主なものは、名誉市民小林和作の旧居を解体する補正予算、尾道市立市民病院に救急科を新設する議案、消防ポンプ車や高規格救急車を購入する議案、デジタル防災無線の整備に関する議案など、防災に関するものも多くあります。尾道市農業委員会委員に関する議案では、尾道市から提案された19人全員の任命が可決されました。


議会ではその他、尾道観光協会役員などから、新型コロナウイルス対策に伴う市内限定の商品券の発行を求める請願が、尾道地区タクシー協議会代表者たちから、県内のタクシー事業への支援を求める要望書が提出されていて、全会一致で可決されました。


各会派が議案に対しての態度を表明する「討論」では、日本共産党が尾道市病院事業使用料及び手数料条例の一部を改正する条例案について「料金が高くなり市民の負担が増える」として反対しましたが、その他会派の賛成多数で可決されました。


また、国や関係省庁へ提出する意見書は「地方財政の充実・強化を求める意見書」が提案され全会一致で可決されました。本日30日の市議会定例会最終日の様子は21:00から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿