HOME > ニュース・情報コーナー > 9月市議会開会

ニュース・情報コーナー

9月市議会開会

尾道市市議会9月定例会 開会 2020年9月7日放送

 

 

尾道市議会は7日、9月定例会を開き、およそ4億円を増額する一般会計補正予算案など24議案ほかを上程。新型コロナウイルスの影響で執行できなくなった事業費など、4億700万円の減額を計上しました。

 

補正予算の主なものは、尾道市が出資している「歌戸運航」への増資と、尾道渡船が所有する土地の買取り費用、合わせて1,900万円で、尾道水道のフェリーを運行する「尾道渡船」と「向島運航」の渡船事業を「歌戸運航」へ譲渡するためのものです。

 

その他、長江小学校にある、放課後児童クラブの移転と改修に1,700万円、瀬戸田の潮音山公園の森林整備に関して、管理団体への補助金360万円、尾道市内の高齢者らが集う「いきいきサロン」の新型コロナ対策費として、260万円などとなっています。

 

水道事業の補正予算は、新型コロナウイルス対策として、水道料金の基本料金を2ヶ月免除する為の費用1億4,300万円を特別損失として計上しています。

 

病院事業会計の補正予算は、新型コロナ対策として、市民病院に救急患者の搬送用人工呼吸器購入と、PCR検査の遺伝子検査装置の整備に合計1,700万円などとなっています。

 

提出された議案の主なものは、新型コロナウイルスの感染者や感染の恐れのある人に対応した市職員に、特殊勤務手当を支給する条例改正案などがあります。

 

定例会の会期は9月24日までの18日間で、9月9日から11日は、一般質問が行われます。「ちゅピCOMおのみち」では3日間とも生放送・再放送を予定しています。

 

本日の議会の模様は、23:00から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿