HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市期末手当 減額

ニュース・情報コーナー

尾道市期末手当 減額

市議会臨時会 期末手当減額 2020年11月18日放送

 

 

尾道市議会臨時会が11月18日に開かれ、職員や特別職、議員の12月の期末手当、いわゆるボーナスを0.05ヶ月分、減額する条例改正案などが可決されました。

 

減額は、市長5万6,400円、副市長1人4万6,800円、教育長4万800円、議長3万1,200円、副議長2万8,800円、議員2万7,000円です。

 

又、一般職は、973人の合計1,742万1千円で、一人当たり1万7,900円、会計年度任用職員は、511人を見込み、合計328万5千円、一人当たり6,400円の減額です。

 

期末手当の削減は、新型コロナウイルスの影響で、民間企業の業績が低迷する中、人事院の勧告を踏まえたものです。

 

議会の模様は、本日18日の21:00から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿