HOME > ニュース・情報コーナー > 御調ソフト下宿 開所

ニュース・情報コーナー

御調ソフト下宿 開所

御調高校男子ソフトボール部 下宿開所 2021年2月25日放送

 

 

強豪として知られる御調高等学校男子ソフトボール部の部員の下宿が、御調町釜窪地区に整備され、2月21日に開所式が行われました。

 

式には、関係者およそ30人が出席。神事の後、山根信行御調高等学校同窓会会長が挨拶し、若林茂生同窓会顧問が開所までの経過報告を行いました。

 

御調高校のOBで、空き家を提供した山田泰二さんと、改修資金を寄付した池野 隆光さんに感謝状が手渡されました。

 

下宿は2人の苗字から「やまいけ荘」と名づけられ、8部屋・最大10人の下宿が可能で、屋外ではネットを張った練習スペースが整備されています。

 

山根会長は、「県内外より選手が集まり、お互いに競争意識が高まり、さらに強くなってほしい」と話していました。御調高校の高山望校長は、「オール御調で整備出来たことが誇りです」と話しました。

 

「ソフトボールがしたくても遠方なので通学できない」などの声が寄せられていた御調高校は、下宿を活用して、部活動をさらに活発化させます。

月間アーカイブ

最近の投稿