HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会 総体説明

ニュース・情報コーナー

市議会 総体説明

尾道市議会2月定例会 総体説明 2021年2月26日放送

 

 

尾道市議会は2月26日、2月定例会を開き、2020年度の補正予算案など20議案を可決、2021年度当初予算案など41議案を上程しました。

 

およそ11億9,500万円を増額する2020年度一般会計補正予算案や、宅地造成が進む西藤町内の道路の寄付を受け、尾道市道として認定する議案、向島の二番潟交差点の渋滞解消を目指す「堤線」の工事請負契約、栗原中学校の改修工事請負契約、デジタル防災無線の整備と、防災アプリの機能を追加するための契約変更議案など、20議案が可決されました。

 

新年度の一般会計と特別会計、病院・上下水道会計を合わせた予算案の総額は、1,176億7,300万円で、前年度当初から2.2%、26億3,300万円の減額となっています。

 

2020年度の病院事業会計は、162億5,700万円で、前年度に比べて4億2,900万円の増額です。市民病院は自動洗浄除染乾燥機などを、みつぎ総合病院は、X線画像読取装置などを整備します。

 

水道事業は、56億3,300万円で、1億500万円の減額。引き続き、配水管の布設などを実施予定。下水道事業は、29億3,800万円で、7億7,600万円と大きく減額しますが、栗原ポンプ場の整備事業に着手します。

 

平谷祐宏尾道市長は、新年度予算の総体的な説明で、新型コロナ対策・アフターコロナ・スマートシティ・ゼロカーボンシティ・先端技術・民間活力などのキーワードを上げながら、「尾道の未来の価値を創造し、安心安全に暮らせるまちづくりを進める」と述べました。

 

市議会の模様は、26日21時5分から再放送します。市長が新年度の予算についての考え方や、主要な施策などについて、説明しています。

 

次回の市議会本会議は3月11日と12日に開かれ、議員が新年度予算に関して質問します。

 

■放送予定

 市議会「総体質問」など 

  3月11日(木) 生)10:00~ 13:00~

    12日(金) 生)10:00~ 13:00~ 

   ※それぞれ21:00から再放送

月間アーカイブ

最近の投稿