HOME > ニュース・情報コーナー > 議会一般質問 3日目

ニュース・情報コーナー

議会一般質問 3日目

議会一般質問 3日目 2021年9月10日放送

 

 

尾道市議会9月定例会の一般質問が10日にあり、午前・午後合わせて市民連合と日本共産党の4人の議員が質問を行いました。

 

市民連合の山戸重治議員は、教育現場におけるICT推進についてなど尋ねました。

 

タブレット端末の一斉使用によるインターネット回線の速度低下について佐藤昌弘教育長は「回線の増強や通信方法の変更など、通信事業者からの提案を受けながら改善の計画を作成中」と答えました。

 

通信環境の整備されていない家庭へ貸し出す機器については「ワイファイルーターを1300台を購入、10月から希望する家庭に月に2035円の負担で貸し出す準備中」と述べました。又、「デジタル教科書の実証事業を9つの小学校と7中学校で実施予定」と話しました。

 

日本共産党の岡野長寿議員は保育施設へ入所できない待機児童の問題についてなど質しました。

 

平谷祐宏尾道市長は「第1希望から第8希望まで記載してもらい入所を決定。待機児童は発生していない」と答え「第2希望以降の施設へ入所された事例は26件」とデータを示しました。

 

岡野議員は「第8希望までに入ることができれば良いということではない」と述べ「年度途中の入所にも対応してほしい」と要望しました。

 

本日10日の一般質問の様子は21:00から再放送します。議会は今後、各委員会で審議が行われ、9月22日に閉会する予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿