HOME > ニュース・情報コーナー > 学生ソフトテニス 表敬

ニュース・情報コーナー

学生ソフトテニス 表敬

学生ソフトテニス 表敬    2021年10月25日放送

 

大学生が出場する中国学生ソフトテニスの秋季リーグ戦大会が10月28日に尾道市で開催されることに伴い、22日、大会関係者が平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。


大会は、中国学生ソフトテニス連盟が行っているもので、連盟に所属する大学15校から、団体と個人の部に合わせておよそ300人が出場します。


当初は8月下旬に島根県で開催予定でしたが、新型コロナによる緊急事態宣言によって延期され、10月28日から31にちまで、因島運動公園のテニスコートを会場に開催されることになりました。因島で連盟の大会が行われるのは今回が初めてす。


連盟の島田國三郎会長と高野翔大理事長から、大会の概要などを聞いた平谷市長は「ソフトテニスは生で見たときの迫力がすごい。大会が盛り上がるのを楽しみにしています」と述べていました。
自身も選手として出場する高野理事長は「秋季リーグは、新チームの2・3年生が経験を積む大会でもある。コロナへの対策を徹底して安心で安全な大会にしたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿