HOME > ニュース・情報コーナー > 商工会議所 会員大会

ニュース・情報コーナー

商工会議所 会員大会

尾道商工会議所 会員大会 2021年11月24日放送

 

 

尾道商工会議所創立129周年会員大会が11月22日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

コロナ禍で2年ぶりの開催となった大会には、人数制限を設けて会議所の会員たちが出席。式辞で福井弘会頭は「大きく変わる今後の経済環境の中、活力ある産業が育ち、地域経済を支える事業所が活気を取り戻し、尾道の町・人・仕事に元気を実感できるように取り組んで行きたい」と述べました。

 

来賓の平谷祐宏尾道市長と、高本訓司議長の祝辞に続いて、永年勤続・優良従業員表彰が行われました。

 

勤続30年以上の17人を代表して、山陽工業の手串秀次さん、勤続20年から25年の19人を代表して備三タクシーの三阪隆志さん、勤続5年から15年の57人を代表して、トーホーの野島孝太郎さんに賞状と記念品が贈られました。

 

式展終了後に、記念講演会が開かれ、日本の資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一の玄孫で、政府の「新しい資本主義実現会議」のメンバーを務める渋澤健さんが講師を務めました。

 

“渋沢栄一の「論語と算盤」の現代意義に学ぶ”と題して、ポストコロナ時代の持続可能な社会と企業経営についてなど話しました。

 

この会議所会員大会と講演会の模様は、11月27日と28日の19:00から、ご覧のチャンネルで放送予定です。お楽しみに。

月間アーカイブ

最近の投稿