HOME > ニュース・情報コーナー > 美協 山口さん個展

ニュース・情報コーナー

美協 山口さん個展

山口信哉さん個展 2022年5月10日放送

 

 

久保1丁目の画廊喫茶「かのこ」で、マスターの山口信哉さんによる個展が5月20日まで開かれています。

 

尾道美術協会に所属し、独特の色使いで描く山口さんの油彩画展で、「尾道の空」と題して15点の作品が並んでいます。

 

50号のキャンバスに描いた大作「冬茜」は、西御所町の岸壁から見た尾道水道を、貨物船が浮かぶ海面から空までの構図で描き、茜色に染まる夕暮れの様子を表現していました。

 

山口さんは、祭りの神輿など、動きのある絵を得意としていますが、コロナ禍で祭りが中止となる中、普段から散策する、大好きな尾道水道の空の色に魅せられ、今回の展示会を開きました。

 

久保出身の山口さんは、大阪芸術大学映像学科を卒業後、大阪や東京のテレビ局などでバラエティー番組のディレクターを勤め、尾道に帰省。趣味として続けていた絵を本格的に描き始め、映像制作者ならではの構図や色彩感覚で絵を描いています。

 

「色を濁らさないように心掛けている」という山口さんが描く、尾道水道の青空・朝焼け・夕焼けを是非ご覧ください。作品展は、「かのこ」で5月20日まで開かれています。

月間アーカイブ

最近の投稿