HOME > ニュース・情報コーナー > ソフト女子選手 市長訪問

ニュース・情報コーナー

ソフト女子選手 市長訪問

県選抜メンバー 林原都花さん、市長訪問 2019年3月22日放送

 

 

全日本中学生女子ソフトボール大会に、広島県選抜チームのメンバーとして出場する、栗原中学校2年の林原都花(はやしはらいちか)さんが3月18日、市役所を訪れ大会での健闘を誓いました。

 

林原さんは、栗原中学校のソフトボール部と、栗原ソフトボールクラブに所属していて、両チームでキャッチャーとして活躍しています。

 

広島県の選抜メンバーはあわせて17人で、今回初めてメンバーに選ばれました。

 

強い打球が打てることが持ち味の林原さんは、広島県選抜について「みんな明るく、よく打って走るチーム」と話し、「大会では誰よりも声を出し、たくさん打ちたい。優勝を目指します」と意気込みを語っていました。

 

平谷祐宏尾道市長は、「今、体が大きく成長している時、ケガをしないようにしっかり食べて頑張って。将来は日本代表を目指してください」とエールを送っていました。

 

大会は3月24日から26日まで松山市の5つの球場で開かれ、都道府県代表の48チームがトーナメント方式で対戦します。

 

広島県選抜チームは24日、初戦で茨城県選抜と対戦します。

月間アーカイブ

最近の投稿