HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

桜庭健さん個展

桜庭健さん個展 2021年2月18日放送

 

 

尾道市立大学出身で、尾道に滞在して創作活動を行なっている若手アーティスト、桜庭健さんの個展が、久保一丁目の「おのみち歴史博物館」で開かれています。

 

現代美術における表現手法の一つ、空間全体を作品としてとらえるインスタレーションを得意とする桜庭さんの展示会で、会場には およそ40点の作品が、ところ狭しと並んでいます。

 

展覧会のテーマは、〝身近なもの″などの意味がある「familiar things」としていて、日常にある身近なものを使った作品を展示しています。

 

メインの作品は、150号の木材パネルに、使い残しの油絵の具のチューブで、擬人化したキャラクターを多数作り、陣取りゲームをしているような作品です。

 

尾道市立大学にあるソメイヨシノの桜の蕾や枝を使って染織した糸や、ポケットに入れて誤作動したスマートフォンの真っ暗な写真を画像編集ソフトで加工して幾何学模様を浮かび上がらせた紙のドレスなど、個性的な作品の数々が並んでいます。

 

文化財の展示を主に行ってきたおのみち歴史博物館は、2020年度からの、あらたな試みとして美術系の展示を企画し、尾道に滞在して制作する若手アーティストたちの活動を紹介しています。

 

櫻庭健さんの展示は第三弾として企画されたもので、会期は、2月28日(日)まで。開館は、金土日・祝日で、時間は10時~17時、入館は無料です。

ひきこもり講演会

ひきこもりに関する講演会 2021年2月17日放送

 

 

尾道市主催、ひきこもりの問題について考える講演会が2月5日、門田町の尾道市総合福祉センターなどで開かれました。

 

山口大学大学院教授で、支えあいの町づくりを進める「NPO法人ふらっとコミュニティ」理事長の山根俊恵さんが講師を務め、インターネットを使ったオンライン形式で行われました。

 

参加者は、福祉センターと因島・御調の3箇所の会場で、スクリーン越しに視聴しました。

 

山根さんは、「ひきこもり」とは、どういう状態か?など基本的な事から、ひきこもりが長期化する理由、支援する方法など、画像を使って詳しく説明しました。

 

この講演会の模様は、2月22日から、コミュニティチャンネルで放送予定です。

日比小 防災授業

日比崎小学校 防災授業 2021年2月16日放送

 

 

日比崎小学校で2月10日、防災授業がありました。


6年生119人が参加して、ホームセンター「DCMダイキ」の社員2人から、自助・共助・公助について学び、地震への備えや、避難所で困るトイレの代替用品について説明を受けました。

 

防災士の資格を持つ社員が、大地震の際に、たんす等が倒れて、大きな被害が発生する可能性があると、映像を用いて解説し、家具の転倒防止の備えを呼びかけました。

 

又、アンケートを元に、「避難所で困るのはトイレだ」と説明し、持ち運びの出来る簡易トイレを紹介しました。児童の代表に簡易トイレを組み立ててもらい、全員で簡易トイレの凝固剤の効果を確認しました。

 

最後に日比崎小学校の周辺には土砂災害警戒区域が多い事を示し、食料や飲料水などの防災グッズの備えを促していました。

 

日比崎小学校は、今年度 尾道青年会議所のメンバーを招いての防災授業を行うなど、災害に対する教育を充実させています。

尾大 卒業・修了制作展

尾大 卒業・修了制作展  2021年2月12日放送

 

尾道市立大学美術学科と、大学院美術研究科の卒業・修了制作展が2月5日から、西土堂町の尾道市立美術館などで開かれています。

 

展覧会では、学生生活の集大成として、毎年卒業生たちの制作物が展示されていて、市立美術館のほか久保3丁目の尾道市立大学美術館、本通り商店街の大学サテライトスタジオに、合わせて62人の作品が並んでいます。

 

尾道市立美術館には、大学美術学科の日本画・油画・デザインコースの作品が展示されています。

 

作品はコースごとに6つの展示室に分けられていて、日本画と油画コースの部屋には、人物画や風景画、心象風景のようなイメージが描かれた比較的大きな作品が並び、訪れた人たちが足を止めて見入っていました。

 

デザインコースの作品は、グラフィックや立体造形、イラスト、映像など様々で、商品のパッケージやキャラクターデザイン、アニメーションなど多彩な作品が並んでいます。

手に取って鑑賞できる作品も多く、来場者らは時間をかけて学生たちの力作を楽しんでいました。

 

大学サテライトスタジオと尾道市立大学美術館には、大学院修了生の作品が展示されています。会場で眠りながら夢に見たものを描いていくドローイングや、表と裏で表現の異なる展示物など、様々な切り口の作品が並んでいます。

 

尾道市立大学と大学院の卒業・修了制作展の会期は2月14日まで。入場は無料で、期間中は無休となっています。

 

卒業・修了制作展のホームページや、インスタグラム、ツイッターなどでは学生による作品解説なども掲載されています。是非ご覧ください。

警防技術錬成会

警防技術錬成会 2021年2月10日放送

 

 

消防隊員たちが消火活動の技術を磨く「警防技術錬成会」が1月26日・27日の2日間、東尾道の消防防災センターで行われました。

 

この訓練は、火災発生時の消火技術を向上させることを目的に毎年行われているもので、尾道や因島、御調など市内にある7つの消防署の隊員が参加しました。

 

木造3階建て住宅の2階から出火し、3階への延焼の危険があることを想定して訓練が行われ、火災の状況を見て指示を出す現場指揮本部の隊員ら、5人1組で消火活動にあたり、審査員が行動の速さや正確さなどをチェックしました。

 

参加した尾道消防署(警防第2係 消防隊長)の小林拓也(たくや)さんは、「指揮本部ともしっかり意志疎通がとれ、迅速に動けた。現場でも生かしたい」と話していました。

 

警防技術錬成会は、1年間の訓練の成果を発表する場として行われていて、隊員たちは機敏な動きを見せながら、互いに技術を披露していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
458ページ中2ページ目