HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

玉蘊忌

玉蘊忌   2017年6月21日放送

 

江戸時代に尾道で活躍した女流画家、平田玉蘊の命日法要が6月18日、西土堂町にある菩提寺の持光寺で営まれました。

 

当日は、平田玉蘊顕彰会の会員や一般市民などおよそ50人が参加し、顕彰会の寺岡 昭治会長が挨拶で「近年は特に、玉蘊さんの評価が高まっていると感じる。今後も玉蘊さんの絵の素晴らしさが、より多くの人に広まってくれればうれしい」と話しました。

 

法要では、持光寺の松岡昭禮住職が読経する中、参列者が順に焼香をあげ、その後境内の墓前で手を合わせ玉蘊の遺徳を偲びました。

 

法要後には三次市の奥田元宋・小由女美術館学芸員の永井明生さんが「平田玉蘊―再評価の機運」と題して講演しました。

永井さんは、文人の頼山陽と玉蘊との交流をうかがわせる竹原での舟遊びを描いた絵や、玉蘊が最晩年に描いた鯉の絵など、近年発見された作品を紹介し「次々に新しい作品が発見されて、全国的に玉蘊の認識が高まっている。尾道には、知られていない玉蘊の作品がまだあるはず」と尾道での作品発見を期待していました。

 

平田玉蘊は、江戸時代後期に名をはせた当時では珍しい独立した女性画家で、頼山陽や菅茶山など文人墨客とも交流し、現在でも多くの市民に「玉蘊さん」として親しまれています。

 

法要に参加した女性は「玉蘊さんの作品は、細かい所まで描かれていて素敵な絵だと思う。講演では知らなかったことが聞けて良かった」と話していました。

正念寺 本堂改修工事終了

正念寺 本堂改修工事 終了 2017年6月20日放送

 

西久保町にある正念寺で、昨年9月から行われていた本堂の改修工事が終了しました。

 

正念寺は、1574年に創建された時宗の寺で、全国でも珍しい片足を立てて座っている阿弥陀如来半跏座像の本尊と、尾道市の有形民俗文化財に指定されている143枚の絵がはめ込まれた格天井が特徴です。

 

改修では、屋根の老朽化などによって格天井が歪んでいたことから、天井の木材や、屋根瓦を新しく取り換え、耐震化を図るため柱や梁に鉄骨を組み込んでいます。

 

改修費はおよそ3000万円で、正念寺によると、本堂の大きな改修は、本尊が安置された時に行われて以来、およそ140年ぶりとのことです。

 

正念寺の荻野 義正前住職は「これを機に今後も本堂を末永く保っていければ幸いです」と話していました。

永瀬さん舞台挨拶

永瀬さん舞台挨拶 2017年6月20日放送

 

カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いた、映画「光」のシネマ尾道での先行上映にあわせ6月18日、主演の永瀬正敏さんが舞台挨拶を行ないました。

 

河瀬直美監督作品『光』は、永瀬さん演じる“視力を失いつつあるカメラマン”と、水崎綾女さん演じる“映画の音声ガイドを作成する女性”が、衝突し合いながらもお互いの理解を深めていくラブストーリーで、カンヌ国際映画祭のエキュメニカル審査員賞に輝くなど話題の映画です。

 

上映後、満員の観客の前に登場した永瀬さんは「尾道は初めてきましたが、映画に関わる人にとっては聖地のような場所」と話し、映画「光」について語りました。

  

永瀬さんの所属事務所で代表を務める岡野彰さんは久保出身で「両親の故郷で所属タレントが良い報告をする事が出来て嬉しい」と話していました。

 

映画「光」は8月12日からシネマ尾道で本公開が始まります。詳しくはシネマ尾道0848-24-8222までお問い合わせ下さい。

押し花アート展

彩花会 押し花アート展 2017年6月19日放送

 

福山市を中心に押し花アートなどの教室を開いている彩花会の作品展が6月23日まで、東御所町のおのみちecoライフ館で開かれています。

 

押し花アートは、花や野菜、木の皮などの植物を専用のマットに挟んで乾燥させ、それぞれを組み合わせて風景画などに仕上げるもので、会場には、彩花会 会長の大川 佳代さんと、教室に通う尾道の生徒4人の作品およそ30点が展示されています。

 

茅葺で民家の屋根を表現したものや、キャベツの葉で山を表現したものなど、会場には、素材の持ち味を活かして作り上げられた力作が並んでいます。

 

額に入った作品の他に、カレンダーやしおりなどもあり、色鮮やかで見ごたえのある作品展となっています。

 

大川さんは、「押し花アートは、様々な素材を使うことで、個性豊かな作品に仕上がるのが魅力の一つです」と話していました。

 

彩花会の押し花アート展は、6月23日(金)まで、「おのみちecoライフ館」で開かれていて、観覧は無料です。

尾道移住ポータル開設

市長会見「尾道移住ポータル」開設 2017年6月19日放送

 

定例尾道市長記者会見が6月19日、市役所で行なわれ、市外から尾道への移住を促進するためのポータルサイトについてなど発表がありました。

 

6月12日に公開が始まった「尾道移住ポータル」は、尾道への移住や定住に関する情報が集約されたウェブサイトで、移住を希望する人と、既に尾道に移住している人を繋げる仕組みが盛り込まれています。

 

具体的には「くらし」「すまい」「しごと」「支援」などの移住に関する6つの情報が掲載されていて「くらし」では、市外から移住して、働いている先輩移住者4人を紹介しています。

 

それぞれ、移住のきっかけや、現在の仕事。移住を考えている人へのメッセージなどが載っていて、移住後の暮らしがイメージ出来るようになっています。

 

又、「すまい」の項目では、山間部と市街地、島嶼部の3つにエリアを分けて、空き家バンクなどを運営する法人のホームページを案内。「しごと」では、海事産業、観光宿泊業、農業など6つの業種をあげ、就職情報のホームページにリンクするようになっています。

 

平谷祐宏尾道市長は「JR尾道駅の新しい駅舎の開業などで雇用が生まれる可能性がある、各所に働きかけて移住を支援したい」と述べていました。

 

ポータルサイトを開設した尾道市政策企画課によると、2016年に市外へ転出した人は4,399人、転入者は4,237人で162人の転出超過になっています。

 

「尾道移住ポータル」の制作には、国の地方創生加速化交付金500万円が活用されていて、尾道市の公式ホームページからもアクセスできます。

 

会見ではこのほか、2018年の市制施行120周年にあわせて開かれる「全日本花いっぱい尾道大会」について発表がありました。

 

定例尾道市長記者会見の模様は、20日午前7時と午後2時から放送予定です。どうぞご覧下さい。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
196ページ中2ページ目