HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

描かれた日本遺産 展

描かれた日本遺産 展    2018年7月12日放送

 

尾道市立美術館コレクション展「描かれた日本遺産・尾道水道を中心に」が、西土堂町の市立美術館で今月29日まで開かれています。

 

展覧会は、今年度 尾道市が「北前船」で日本遺産に追加認定されたことを受け開かれているもので、尾道水道をテーマにした作品など美術館所蔵の61点と特別出品となる絵のまち尾道四季展の受賞作品15点が並んでいます。

 

「描かれた尾道水道」と題した第1展示室には、洋画家の中村琢二や中川一政尾道市名誉市民の小林和作らが尾道水道を描いた作品が並び、同じモチーフを通して様々な画家の表現に触れる事が出来ます。

 

第2・第3展示室では、小林和作と尾道で活動した日本画家 森谷南人子にスポットを当て、尾道に移り住んで画業を続けた2人の作品を紹介しています。

 

 

第5展示室にある、林寅山の「尾道浦絵屏風」は、北前船の日本遺産を構成する文化財の一つに選ばれていて、江戸時代後期 北前船の来航で賑わう尾道水道の様子が描かれています。

 

市立美術館学芸員の梅林信二さんは「尾道水道は、多くの画家たちにとって魅力的な題材だったことが分かる。時代を超えて様々に表現された尾道水道を楽しんでほしい」と話していました。

 

尾道市立美術館コレクション展「描かれた日本遺産・尾道水道を中心に」の会期は7月29日まで。観覧料は一般300円、高校・大学生は200円で中学生以下は無料、毎週月曜日が休館です。

11日放送 豪雨災害関係

豪雨災害関係 2018年7月11日放送

 

尾道市では、一部の地域を除いて断水が続いています。給水所の情報をお伝えします。

 

11日からは、向島町の向島運動公園が加わり、尾道市が開いている給水所は市内17ヵ所となりました。門田町の尾道市総合福祉センターでは、尾道市職員、市議会議員たちに加わり、近所に住む中高生が、ボランティアで給水の補助作業にあたっていました。

 

11日は10人が手伝っていて、給水に来た人の代わりに水を入れたり、容器が重い場合は、車まで運んだりしていました。

 

8日から4日間手伝っている生徒もいて、給水に来た人は「水が重いので助かる」と話していました。

 

10日以降、尾道市から発信された災害支援に関する情報では、栗原小学校と栗原北小学校、高須小学校でプールの水の提供が行なわれています。7:00から20:00までです。

 

仮設トイレが市内の61ヵ所に設けられました。設置場所は、公民館や小中学校などです。尾道市のHPに全ての箇所が掲載されています。

 

自衛隊による仮設の入浴施設が、10日に引き続き、11日も門田町の尾道市総合福祉センターに設置されています。23:00まで利用可能です。石けん・シャンプー・タオルなどの持参が必要です。

 

又、今回の豪雨の被災者を対象に市営住宅の提供が行なわれます。住宅が全半壊、または一部が壊れて、継続して住むことが困難になった人などが対象です。申し込み期限は7月15日の17:00までで、尾道市本庁舎の建築課に申し込みと、相談窓口が設けられています。

 

水道が復旧した尾道市民病院は、断水で診療の継続が困難となった病院や診療所の入院患者の受け入れを始めています。

 

又、尾道市社会福祉協議会の発表によると、近日中に災害ボランティアの募集が行なわれます。尾道・向島と御調・因島・瀬戸田の4地域を拠点に、家屋に流入した土砂の撤去や、清掃などを行なうボランティアを募集する予定です。詳しい内容は、近日中に協議会のHPに掲載される予定です。

絹糸アート作品展

絹糸アート作品展 2018年7月11日放送

 

絹糸を使って描くアート作品の展示会が7月20日まで、東御所町のおのみちecoライフ館で行なわれています。

 

この作品展は、広島市在住の作家 西嵜白洋さんが開いているもので、会場には、絹糸で描かれた天女の作品や仏画などおよそ40点が展示されています。

 

西嵜さんの作品は、下絵に沿って絹糸を貼り付けたり、絹糸を粉状にして色付けしたりして作られたもので、ビーズなども使い色鮮やかに仕上げられています。

 

また、花や鳥、猫などを題材にした作品もあり、絹糸の持つ光沢などを活かした華やかな作品を楽しむことができます。

 

家族の介護と同時に作品制作を始めた西嵜さんは、県内外で作品展を開くなど精力的に活動していて、「苦しい状況の中でも心を元気にする作品を目指して描いています」と話していました。

 

作品展の会期は7月20日まで、おのみちecoライフ館で開かれています。

10日放送 豪雨災害関係

豪雨災害関係 2018年7月10日放送

 

 

尾道市の断水に関してです。尾道市水道局の情報によると、家庭への全面的な配水開始は、7月16日「以降」の見込みです。

 

 

三原市の本郷取水場から尾道市の水道施設への送水開始が16日であり、尾道市水道局から家庭などへの全面配水は、16日で確定ではなく、16日「以降」となる見込みです。

 

 

又、水道局からの最新の情報によると、設備が破損している沼田川からの取水を藤井川に切り替え、10日に、大山田配水池から尾道市民病院、坊士浄水場から尾道総合病院への水の供給が開始され、配水ルート上にある、地域の方は、水道の使用が出来る可能性があります。

 

 

11日には、さらに拡大し、長江、栗原の一部などの方が水道の使用が出来る可能性があります。

 

 

さらに、給水場所に高須町の坊士浄水場が追加となりました。坊士浄水場は、24時間給水可能です。水道局は、坊士浄水場までの道路は狭いため「2トン車以下の車でお願いします」と呼びかけています。

 

 

尾道市総務課の情報によると、10日18:30から23:00まで、門田町の尾道市総合福祉センターで自衛隊による仮設の入浴施設が設けられます。石けん・シャンプーはありますが、タオルの持参が必要です。

 

 

又、市内各所で井戸水の提供や、市民による給水所が開設されています。「ちゅピCOMおのみち」に届いた情報によると、山波町529番地の小野田(おのだ)商店では、6:00~18:00まで、井戸水の提供が行なわれています。お近くの方は是非ご利用下さい。

 

 

続いて、ゴミの収集についてです。交通が遮断されていないごみステーションでは、通常通りの収集が行なわれています。家庭ごみの持ち込みも、各施設で今まで通り受けています。

 

事務所や店舗を除く「有料粗大ゴミ」については、罹災証明書があれば、処理手数料の減免を受けることが出来ます。 

 

土砂の受け入れは、住居の敷地内に流れ込んだ土砂のみの受け入れが行なわれています。

 

・衛生施設センター(尾道市クリーンセンター)

     尾道市長者原一丁目220-75 0848-48-2900) 

・南部清掃事務所 

     尾道市因島重井町5308-1 0845-24-0432

・南部清掃事務所 瀬戸田分所 

     尾道市瀬戸田町名荷2221 0845-27-0454

  

又、尾道市では、各種支援などを受けることが出来る「罹災証明書」の発行を、本庁舎と各支所で行なっています。さらに、衛生対策として、市役所本庁舎の環境政策課と各支所、連絡所で消毒薬を配布しています。家屋の浸水や土砂が入り込んだ場合に消毒が必要になる場合がありますので、ご利用下さい。

 


ジュン・フジタ パネル展

ジュン・フジタ パネル展 2018年7月10日放送

 

向島町出身でアメリカに渡り、報道カメラマンや詩人として活躍したジュン・フジタの足跡を辿るパネル展が7月13日まで、尾道市役所1階のロビーで開かれています。

 

ジュン・フジタ、本名 藤田準之助は、1906年に17歳で渡米し、800人以上が死亡した旅客船の沈没事故やマフィアの対立など、歴史的な事件の現場を回り、カメラマンとして活躍しました。

 

報道写真家だけでなく、英語での短歌の制作や映画出演など、多方面で活躍したことで知られていますが、向島での痕跡が残っておらず、渡米理由も解っていません。

 

今回のパネル展は、藤田の足跡を辿り顕彰しようと、ジュン・フジタ里帰り実行委員会が企画したもので、会場には藤田が撮影した写真と共に解説が添えられています。

 

アメリカのシカゴで撮影された写真は、貧富の差の拡大や人種問題、マフィアの活動などを背景とした激動の時代を記録したもので、報道カメラマンとして活躍した藤田の功績を知ることができます。

  

ジュン・フジタの足跡を辿るパネル展は、7月13日(金)まで尾道市役所本庁舎1階ロビーで開かれます。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
275ページ中2ページ目