HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

木ノ東小 環境学習

木ノ東小 環境学習 2015年6月26日放送

 

木ノ庄東小学校で6月23日、せっけんづくりを通して環境について学ぶ授業がありました。

 

3年生から6年生までの児童と保護者・教員ら、およそ50人を前に、せっけん製造会社太陽油脂の長谷川治さんが「これでわかる石けんと合成洗剤」と題して、合成洗剤と石けんの違いを詳しく語りました。

 

長谷川さんは「合成洗剤は油分など有害な物質を含んでいて環境に悪いが、石けんは天然資源で出来ているので、川の水をきれいに保つ事ができる」と話し、簡単な装置を使って実験しながら、説明しました。

 

最後に全員でパーム油・オリーブ油とナトリウムを使った自然に優しい石けん造りに挑戦し、好きな形に固めた石けんに手づくりの花を乗せて完成させました。

 

6年生の光永健太君は「環境に優しい石けんなら、川に流してもホタルを増やすことがでる」と喜び、村上美侑羽さんは、「植物だけで石けんが出来ることを初めて知りました」と話していました。

 

木ノ庄東小学校では、地域住民と共に、学校の近くを流れる木梨川の水質浄化に取り組んでいて、ホタルが今より増えるように環境学習を続けています。

 

暴力追放対策協議会

尾道警察署管内暴力追放対策協議会 総会 2015年6月26日放送

 

尾道警察署管内暴力追放対策協議会の総会が24日、東尾道のベイタウン組合会館で開かれました。

 

総会には、協議会の構成団体である、建設・遊技・運輸業者の会員らおよそ50人が出席。式典や講演会などが行われました。

 

主催者を代表して挨拶した作田 寧秀協議会会長は「一致団結して暴力団のいない社会を目指したい」と述べました。

 

尾道警察署の高橋勉署長は「特殊詐欺に暴力団が関わっている事も多い、管内でも徹底した取締りを行ないたい」と挨拶。平谷祐宏市長は「2012年に、尾道市暴力団排除条例を施行している。関係団体一体となって取り組みを進めたい」と話しました。

 

総会では、暴力団を排除する活動の強化や、暴力相談専用電話の活用など2015年度の事業計画などを決め、最後に「暴力団を恐れない、利用しない、金を出さない」の三ない運動を実践することを決議しました。

 

講演会では、暴力追放県民会議の柳原敏夫専務理事が「暴力団情勢と対応要領」のテーマで講演し、県内で起きた暴力団による企業への恐喝事件についてなど説明しました。

 

尾道警察署によると、2015年に入り管内で発生した暴力団の関係した事件は2件で、恐喝未遂と傷害事件が発生しています。

 

子育て支援センター開設

市長会見 子育て支援センター開設など 2015年6月25日放送

 

定例市長記者会見が25日あり、子育て支援センターの開設と日本遺産関連の発表が行われました。

 

新たに開設するのは、「生口島子育て支援センター」で、7月6日(月)に生口島の東生口幼稚園跡地にオープンします。

 

尾道市が設置者となり、民間が運営する「公設民営」で、子育てサークルの支援などを行なっているNPO法人「ひだまり」が運営し、スタッフ4人で、当面は週3回、午前9時から午後4時まで子育て中の親の相談に応じたり、子育てに関する情報を提供したりします。

 

又、運営する「ひだまり」が障害を持つ子どもの支援活動を行なっていることから、生口島子育て支援センターでは「健常児」と「障害児」の交流にも力を入れていきます。

 

市中心部にある「おのみち子育て支援センター」や御調・因島・東尾道にあるセンターに続いて、市内5ヵ所目となり、平谷祐宏尾道市長は「子育てし易いまちづくりの中で、センターを設置していない地域で開設することができた」と述べ、向島にも来年度、センターを設置する考えを示しました。

 

日本遺産については、認定証の交付式が6月29日(月)、東京国立博物館で行なわれ、市長が出席して文部科学大臣から交付を受けます。

 

記者会見の様子は、25日午後9時からと、26日午前7時と午後2時から放送予定です。

向東中 炊き出し訓練

向東中 炊き出し訓練  2015年6月24日放送

 

災害時に学校でできる取り組みを考えようと21日、向東中学校で生徒による炊き出し訓練が行われました。

 

向東中学校の炊き出し訓練は、防災に関する生徒の意識を高めようと昨年から取り組んでいて、今回はおよそ400食分のおにぎりと味噌汁づくりを行いました。

 

調理を担当したのは1年1組の生徒35人で、生徒らは保護者や教職員からアドバイスを受けながら、米の準備や大量にある具材の下ごしらえを協力して行っていました。

 

訓練ではその他にも、「災害に備えよう~地震・土砂災害について~」と題して、市総務課の職員が講演を行い、土石流や地滑りなど大雨で起きる災害の特徴や避難の際の注意点などを説明。

「尾道市内は急傾斜地が多いので、日頃からハザードマップなどを確認し災害に備えてほしい」と呼びかけていました。

 

向東中学校での炊き出し訓練は、避難場所となる学校で災害に備えてできることを考えようと昨年から行われているもので、これまでに地元の消防団と連携した避難訓練も行うなど、地域を巻き込んだ防災学習に力を入れています。

台湾生徒 御調高へ留学

台湾の生徒が御調高校へ短期留学 2015年6月23日放送

 

中華民国新北市立秀峰高級中学の生徒15人が、御調町にホームステイしながら、6月4日から14日まで御調高校に短期留学しました。

 

留学中は様々な交流イベントが開かれ、5日(金)は学年別交流として、台湾の生徒が各クラスに二人づつ、クラスの一員として入り、文化祭で行う合唱の練習や、ゲームなどをして交流しました。

 

台湾の生徒たちは、留学2日目とは思えないほど、クラスメートの中に溶け込み、合唱やゲームを楽しんでいました。

 

留学生のシュウ コウキ くんは「剣道の練習がしてみたい」と話し、リン ウ シュウ さんは「日本の人はみんな親切でやさしい。日本の料理もすごくおいしい」と話しました。

 

御調高校は、秀峰高級中学と姉妹校提携していて、修学旅行で台湾を訪れるなど活発な国際交流を行っています。留学生の受け入れは、今回で3回目です。

<< 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 >>
229ページ中189ページ目