HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

ふくしむら 20周年感謝祭

尾道ふくしむら 20周年感謝祭 2015年11月16日放送

 

久保町の尾道ふくしむらの多目的広場で15日、ふくしむらが整備され、20周年を記念した感謝祭が開かれました。

 

尾道ふくしむら施設連絡協議会の主催で開かれたもので、開会式では、協議会の会長を務める、社会福祉法人尾道のぞみ会の高垣 孔幸理事長が挨拶しました。

 

会場に設置されたステージでは、新高山めぐみ幼稚園の園児によるダンスや、グループのリーダーがヘルパーの仕事をしながら、広島市を拠点に活動している音楽ユニット「K.S.K Project」のライブなどが行われ、盛り上がりました。

 

また、地元の福祉施設の職員たちが作る焼きそばや、施設利用者が作ったクッキーなどの屋台が並び、2本のポールを使って歩く「ノルディック・ウォーク」の無料体験会なども行われ、会場は賑わいました。

 

尾道ふくしむらは、尾道福祉専門学校や、介護老人保健施設、障害者生活支援センターなど7つの福祉施設が集まる場所を総称したもので、1995年に整備され、今年で20年目を迎えました。

尾道商業高校 新商品企画

尾道商業高校 新商品企画の授業 2015年11月13日放送

 

尾道商業高校の商業科2年生の生徒らが、先月27日、地元企業などと協力し、洋菓子の新商品を開発する授業を行いました。

 

これは、課題研究授業の一環で、生徒21人が5班に分かれ、地元の食材を使った、尾道をイメージした新しい洋菓子を企画して、販売しようとするものです。

 

食品スーパーのニチエーや、洋菓子製造・販売のマザーベアと協力し、商品開発などを進めていて、7月に行われた1回目の授業で、企画会議を行ない、9月の授業で、各班がそれぞれ企画した商品をまとめました。

 

3回目となる今回の授業では、商品の試作品がマザーベアから持ち込まれ、各班の生徒らが商品の開発コンセプトなどを発表しました。

 

最後に全員で試食した後に、実際に製造販売する商品を決定。

 

商品化するのは、瀬戸田名産のレモンを使ったシフォンケーキとなりました。

 

この商品を企画した班の生徒たちは、「商品化されることになってとても嬉しい。試作品もとてもおいしかった」と話していました。

 

完成した商品は、12月5日・6日に、ニチエー各店で生徒らが店頭販売するほか、同じ日に、尾道商業高校で開かれる、生徒たちによる尾道の特産品など販売実習「尾商デパート」でも店頭に並びます。

番組審議委員会

ちゅピCOMおのみち番組審議委員会 2015年11月13日放送

 

2015年度のちゅピCOMおのみち番組審議委員会が12日、尾道国際ホテルで開かれました。

 

今回の審議委員会では、戦後70周年企画として放送した「戦争体験者のインタビュー番組」と、祭りの歴史などにスポットを当てた「おのみち住吉花火まつり」、などの審議が行なわれました。

 

戦争体験者のインタビューについて「体験者の貴重な話を聞けるので良い、保存版として子ども達にも見せたい」などの意見がある反面、「あの戦争はなんだったのかを問い直してほしい」「戦争を知らない世代に戦争について意見を聞いても面白い」などの要望もありました。

 

花火祭りについては、「港の整備に尽力した平山角左衛門の事が良くわかった」などの意見と共に、祭りの担い手が減る中「主催者側へスポットを当て、市民が祭りを作る側に回るような番組にしても面白い」との提案がなされました。

 

その他、少子高齢化が進む中、「子育て関連の番組を制作してはどうか?」「日本遺産に登録された尾道らしい番組作りが必要」などの意見が出ていました。

 

ちゅピCOMおのみちでは、これらの意見を今後の番組作りに役立てていきます。今回審議した番組は、年末に再放送予定です。

びんご グラウンドゴルフ大会

ポラーノグループびんご グラウンドゴルフ大会 2015年11月12日放送

 

ポラーノグループびんご 親善グラウンドゴルフ大会が27日、栗原町のびんご運動公園 陸上競技場で開かれました。

 

今年で3回目となるこの大会は、ポラーノグループ びんごが主催し、尾道市グラウンドゴルフ協会の協力のもと開かれ、市内外から208人が参加しました。

 

グラウンドゴルフはゴルフと同じようにいくつかのコースをグループで回り、スコアを競うゲームで、専用のクラブを使ってホールポストと呼ばれる輪の付いたポールにボールを打ち込みます。

 

ルールが簡単で、道具さえ揃えばどこでも遊べる手軽さがあり、年齢を問わず誰にでも楽しめる競技です。

 

参加者らは、楽しそうに談笑したり、ほかの参加者らを応援したりしながら、各ホールで個人戦を行いました。

 

1位から3位の入賞者には、賞状と、賞品として、尾道ラーメンや瀬戸田のレモンケーキなどの尾道の名産品が贈呈されました。

 

男性 優勝 瀬戸 祐三  三原市 

女性 優勝 吉田 春枝  尾道市   ※敬称略

 

びんご運動公園を管理運営するポラーノグループびんごは、この他にもさまざまな大会やイベントなどを主催していて、28日には、小学生を対象にしたカープOBによる野球教室も開かれる予定です。

第2回総合教育会議

第2回総合教育会議   2015年11月12日放送

 

自治体の首長と教育委員会が教育政策について方向性を確認する、第2回尾道市総合教育会議が5日、久保2丁目の教育会館で開かれました。

 

会議には、平谷祐宏尾道市長と尾道市教育委員会の山北篤委員長をはじめとする委員ら5人が出席し、議題となった「教育に関する重点的に講ずべき施策」について意見を交わしました。

 

重点項目として挙げられたのは「就学前教育」「教育環境の整備」「学校教育」「放課後対策」の4つで、幼稚園の保育料金の見直しや預かり保育の拡充。中学校デリバリー給食の、生徒・保護者への理解を深める取り組みなど具体的な例を挙げて話が進められました。

 

総合教育会議は、国の制度改革に伴い、より共通した認識で教育行政を進められるよう、首長と教育委員会が意見を交わす場として今年5月に設置。

来年度以降は、新たに策定される市の教育総合推進計画などを柱に意見が交わされる予定で、

会議の内容は尾道市のホームページからも閲覧できます。

<< 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 >>
262ページ中189ページ目