HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

柿渋工房 完成

柿渋工房 完成     2018年11月12日放送

 

御調町東部の菅野地区に11月3日、特産の柿をテーマにした工房が完成しました。

 

工房は、菅野地区を中心に柿を使った地域おこしに取り組んでいる、株式会社 尾道柿園が整備したもので、地区の情報発信と交流拠点として、カフェやギャラリー、イベントスペースなど様々な利用を想定しています。

 

地区の高台にあった2階建ての空き家を平屋に改装した工房は、木材の部分に柿渋が塗られ、シンプルながら温かみのある雰囲気になっています。

 

11月5日には、広島大学の学生や関係者19人が訪れ、尾道柿園 代表の宗 康司さんが、御調で続いてきた柿づくりや柿園での取り組みなどを紹介したほか、柿渋の染め物体験などのワークショップも行われました。

 

宗さんによると、御調町は江戸時代から続く柿の一大産地で、菅野地区でも正月飾りに使う串柿作りなどが盛んに行われていました。1970年代にはおよそ150軒の生産農家がありましたが、徐々に串柿の需要が落ち込み、2010年には10軒以下まで激減しました。

 

菅野地区出身の宗さんは、地元に残る柿の資源を使って地域経済を立て直そうと、尾道柿園を設立。干し柿や柿酢、柿渋などを生産販売し、インターネットなどでも販路を広げています。

 

柿渋工房の中には、柿酢や柿渋などの他、柿渋染めのバックや小物などの商品も置かれていて、宗さんは「工房を通じて、御調の柿渋を多くの人に知ってもらいたい」と話していました。

 

柿渋工房の利用など詳しくは尾道柿園0848-76-2033までお問い合わせ下さい。

おのみちドリル

栗原北小学校 おのみちドリル 2018年7月13日放送

 

 

栗原北小学校で10月から、尾道の産物を教材にした“ご当地ドリル「おのみちドリル」”を使った学習が始まっています。

 

「おのみちドリル」は、A4版横開き30ページの計算ドリルで、1年生から6年生用まであり、問題文には尾道レモンなどの特産品と共に、おのみちバスや、和菓子製造の「山本屋」ほか、23の市内企業の商品が取り入れられています。

 

栗原北小学校の津田秀司校長が、企画して、教材を販売している大手出版社の「日本標準」が協力を行ないました。

 

現在、栗原北小学校では、週に1回程度「おのみちドリル」の問題を解く時間を設けていて、この日は、6年生の児童が集中して問題に取り組んでいました。

 

6年生の岩切夢果さんは「計算をするスピードが早くなり、尾道の事にも興味を持つ事ができた」と話していました。

 

津田校長は「計算問題に興味を持つ事で、学力の向上にも期待したい」とドリル制作の狙いを話していました。

 

おのみちドリルは、啓文社コア福山西店で無料配布されていて、学校にも少量の在庫があるとの事です。

消防競技大会

消防競技大会    2018年11月9日放送

 

尾道市内の事業所による消防競技大会が11月2日、東尾道の市民スポーツ広場で開かれました。

 

この競技会は、消防技術の向上と防火意識を高めることを目的に、尾道防火協会の主催で行われているもので、17回目の今年は市内25の事業所から92人の参加がありました。

 

競技は、男女別の個人で行う「消火器の部」と女性1人以上を加えた3人による「屋内消火栓の部」の合計3種目で、出場者らがグラウンドに用意されたコースで消火作業の速さや通報手順の正確さなどを競いました。

 

消火器の部では、火元の発見から消火器とバケツの水を使った初期消火を実施、屋内消火栓の部では、消防署への連絡や消火栓からの送水、けが人の搬送などチームの3人でそれぞれ役割をこなしていました。

 

競技の結果、消火器の部 女性の優勝は広島ガス東中国、消火器の部 男性は丸善製薬、屋内消火栓の部は社会福祉法人ひらはら会が優勝しました。

尾商記念館 開館式

尾商記念館 開館式 2018年11月8日放送

 

古浜町の尾道商業高校の校舎内に11月6日、創立130周年を記念した「尾商記念館」が開館しました。

 

開館式には、同窓会のメンバーや教員、生徒などおよそ50人が出席し、はじめに創立130周年記念行事実行委員会の村上 俊昭実行委員長が「豊かな過去を未来に生かし、活力ある学校作りに期待したい」と述べ、中原 朗校長が「尾商で学ぶ意義を見出し、生徒が成長するきっかけになるよう記念館を活用したい」と挨拶しました。

 

続いて、生徒を代表してビジネス会計科の森廣 修也君が「次世代を担う生徒として、記念館を大切にして学んでいきたい」と挨拶した後、テープカットをして開館を祝いました。

 

館内には、これまでの校舎の移り変わりや学校での活動を紹介する写真パネルが展示されていて、式典後、館内を見学した出席者たちは、尾道商業高校の歴史が詰まった資料に見入っていました。

 

尾道商業高校は、1888年に公立尾道商業学校として開校した広島県内で最も古い歴史を持つ商業高校で、ビジネス教育を推進し、これまでにおよそ24,000人の卒業生を送り出してきました。

 

卒業生の中には、佐藤 守良元農林水産大臣や尾道商工会議所の福井 弘会頭、元広島カープ投手の山内 泰幸さんたちもいて、経済や政治、スポーツなど様々な分野の人材を輩出してきました。

 

記念館は、11月17日に尾道商業高校で行われる創立130周年記念行事で一般向けに公開される予定です。

舟券売り場 市が同意

舟券売り場 市が同意    2018年11月8日放送

 

新高山へ設置が計画されている場外舟券売り場について、尾道市は11月8日付けで設置を計画している業者に同意書を交付しました。

 

場外舟券売り場の設置は、業者からの提案を受け、昨年11月に新高山町内会で計画に同意する決議がなされましたが、町内会で意見が対立。現在も決議をめぐる訴訟が続いています。尾道市議会でも審議が続けられた結果、今年10月2日に開かれた臨時会で、設置に反対していないとする決議案が賛成多数で可決されました。

 

市の同意書の交付は、市議会の決議の他、町内会の決議から1年以上が経過していることを踏まえて行われたもので、平谷祐宏尾道市長は8日、同意書交付の理由などについて説明しました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
304ページ中3ページ目