HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

市議会一般質問初日

尾道市議会定例会 一般質問初日

 

 

尾道市議会定例会が12月4日に開かれ、8人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、平成会の4人の議員が登壇し、柿本和彦議員は「市内の海岸などに不正に係留されているプレジャーボートなど“放置艇”の対策」について質しました。

 

平谷祐宏尾道市長は、「2018年度の調査で、尾道市の海域には、およそ2600隻の放置艇がある」と答え、広島県が放置艇の解消に取り組んでいるとした上で「2023年度から徴収される係留場所の使用料は、場所や船の長さに応じた額となる。尾道市でも市が管理する港などで2023年度から徴収開始できるよう調査を始める」と述べました。

 

防災行動などを時系列で整理した計画、「タイムライン防災」について質問した吉和宏議員に、平谷市長は「台風接近時のタイムラインと、御調川・藤井川の水位に応じて避難のタイミングを定めた河川タイムラインは既に運用している」と答え、「今後は、地域の防災行動をまとめるコミュニティタイムラインと、一人ひとりの行動を整理するマイタイムラインの普及啓発を検討したい」と踏み込んで答弁しました。

 

平成会の高本訓司議員は、災害で発生する「災害ゴミの」の処理計画について、二宮仁議員は「広域連携の防災体制について」尋ねました。

 

午後からは、新和会と尾道令和会の議員4人が質問に立ちました。

 

新和会の星野光男議員は、厚生労働省が公表した、再編・統合を促す医療機関に、因島総合病院が挙げられている点について、尾道市の見解や今後の取り組みを質しました。

 

平谷市長は「発表は、全国一律の基準指標による機械的な結果で、地域医療構想の議論を促すものである。尾道市としては、地域の必要な医療を守っていく」と答弁しました。

 

また、尾道市で運行している車両「グリーンスローモビリティ」の質問に対して平谷市長は「2020年度は、瀬戸田地域での運行も予定しており、鉄道や航路と一体のサービスにしたい」と答えました。

 

議会の様子は本日、4日の21:00から再放送します。5日も引き続き一般質問が行われ、ちゅピCOMおのみちでは、ご覧のチャンネルで10時と13時から生放送する予定です。

乗越さん ウガンダへ派遣

JICA 乗越さんウガンダへ    2019年12月3日放送

 

 

国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊として東アフリカのウガンダに派遣される吉和町出身の乗越将秀(のりこしまさひで)さん=27歳=が11月25日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

青年海外協力隊は、日本政府が行う開発援助の一環としてJICAが実施する海外ボランティア事業の一つで、尾道市内からウガンダへの派遣は6年ぶりで、乗越さんで2人目です。

 

乗越さんは尾道高校を卒業後、庄原市の県立広島大学生命環境学部で植物の遺伝子工学を学び、実習などで培った技術や知識を開発途上国の人々のために活かしたいと青年海外協力隊に応募しました。

 

派遣先のウガンダは農家が多く、現地ではトマトの栽培や稲作の指導を行います。

 

平谷市長は「体に気を付けて職務を果たせるよう頑張ってください」とエールを送り、乗越さんは「家庭で食べるだけでなく、野菜を加工するなど、現金収入に繋がる新たなビジョンを示し、国の発展に貢献したい」と意気込んでいました。

佐々岡監督 市長表敬

佐々岡監督 市長表敬    2019年12月3日放送

 

来シーズンから広島東洋カープの指揮官を務める、佐々岡真司監督が12月3日、久保1丁目の尾道市役所を訪れ、平谷祐宏尾道市長に抱負などを語りました。

 

佐々岡監督は、現在 新監督の就任あいさつとして県内の自治体を回っていて、3日には松田一宏オーナー代行と共に尾道市役所を訪れました。

 

平谷市長は、「一軍はもちろん、最近はウエスタンリーグの人気もすごい。尾道からも球場に応援に行く人が多く、新幹線の車内が真っ赤になっている」などと地元の盛り上がりぶりを伝え、「一生懸命応援するので、がんばってほしい」とエールを送っていました。

 

緒方孝市前監督から、カープの指揮官を引き継いだ佐々岡監督は「ドラフトでは思った通りの選手が獲得でき100点の内容だった」と話し、1位指名の森下暢仁投手について「初めてのドラフトでとった選手でもあるので、期待している」と話していました。

市議会12月定例会 開会

尾道市議会 開会 2019年12月2日放送

 

 

尾道市議会定例会が12月2日に開会し、2019年度一般会計補正予算案など37議案ほかを上程しました。会期は17日までの16日間です。

 

はじめに2018年度の会計決算について報告があり、上程されたすべての決算が認定されました。

 

補正予算の主な内容は、市立の保育所9箇所に、園児の登園状況や、延長保育の時間など、IT技術を使って管理するためのシステム導入に2,300万円。2018年7月豪雨の災害廃棄物撤去費として1,700万円。県営因島奥山ダムの管理施設整備の工事負担金700万円。母子保健に関して、健診の結果を管理したり、マイナンバーカードと連携させたりするシステムの改修に200万円。向島町にある国の重要文化財「吉原家住宅」の母屋の保存修理の補助金として170万円などとなっています。

 

その他、市内企業から本庁舎の整備に関して5,000万円の寄付があり、その一部、1,300万円を整備基金に積み立てます。

 

上程された議案の主なものは、4億1,250万円の、仮称生口体育館建設工事請負契約に関する議案。国の制度変更により、新市建設計画と合併特例債の期間を5年延長する議案。百島の巡回バスについて、ルートを新しく設け、どこでも乗り降りでき、障害者の運賃を半額にする条例改正案。国の制度変更で「会計年度任用職員」として尾道市の非常勤職員を任用する事に伴い、新たに期末手当を支給するなど、給与に関する条例改正案などがあります。

 

議会は、4日・5日・6日に議員の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、3日間とも生放送・再放送を予定しています。

本とおのみち

本とおのみち 2019年11月29日放送

 

 

瀬戸内エリアの個性派書店や出版社などが一堂に会するブックイベント「本とおのみち」が11月23日(土)、JR尾道駅などで開かれました。

 

JR西日本や尾道観光協会などで組織する「尾道駅運営協議会」が企画したもので、尾道、福山、広島・岡山、鳥取、そして四国や台湾などの書店、20店が本を並べました。

 

「沈黙」をテーマにした本や、2000年代のサブカルチャー、秋のごはんが美味しくなる本など、様々なテーマで個性的な本が並び、訪れた人が手にとっていました。

 

駅の2階にあるオープンデッキでは、古本市が開かれ、色々な本が安価で販売されていました。

 

その他、本にまつわるワークショップや、飲食ブースの出店、書店の店主や編集者をゲストに迎えてのトークイベントもありました。

 

又、尾道市立図書館の民話紙芝居の披露や、土堂小学校児童のおすすめ図書の評論も展示され、さらに、市内の20店舗では、店主が思い思いに選んだ本を店頭に並べる「本とまちめぐり」も同時に開かれました。

 

イベントは、瀬戸内エリアの新たな魅力の発信と地域活性化を目指して、JR西日本が取り組む「せとうちパレットプロジェクト」の一環として行われたもので、多くの人に本の楽しさに触れてもらい、文学の町「尾道」をアピールしようと開かれました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
386ページ中3ページ目