HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

県障害者陸上競技大会

広島県障害者陸上競技大会 2019年5月20日放送

 

 

障害を持っている人達が陸上競技で交流し、競い合う「広島県障害者陸上競技大会」が5月19日、栗原町のびんご運動公園陸上競技場でありました。

 

尾道市で初めての開催となった大会には、400人を超える障害者が参加し、応援する人や介助する人、大学生のボランティアスタッフ、陸上競技関係者たち、合わせておよそ1,000人が訪れ、熱気に包まれました。

 

開会式には、平谷祐宏尾道市長や尾道市陸上競技協会の光永五十彦会長たちも参加しました。

 

大会は、10月に茨城県で開かれる全国大会の予選も兼ねていて、知的障害、精神障害、身体障害の区分から、100m走などのトラック競技、幅跳びなどの跳躍競技、ボールなどを投げる投擲競技に分かれて競い合いました。

 

最終種目は、大きな応援で毎回盛り上がる、400mリレーで、トップでゴールしたチームが50秒台の大会記録を出すなど、盛り上がりました。

 

選手は、どの競技にも懸命に取り組み、10個以上の大会記録が出るなどしました。

 

大会の審判長を務めた光永さんは「皆さん一生懸命に取り組み、記録も伸びて素晴らしい大会になった」と尾道での開催を喜んでいました。

デラウェア初出荷

デラウェア初出荷    2019年5月20日放送

 

尾道特産のブドウ「デラウェア」の出荷が5月20日、木ノ庄町のJA尾道市木ノ庄西選果場で始まりました。

 

デラウェアは、広島県内の生産量の9割以上を尾道産が占める特産品の一つで、市内では昭和初期から栽培が行われています。20日には、箱詰めされたデラウェアおよそ300キロが選果場に運び込まれ、係員の手で検品作業などが行われました。

 

JA尾道市によると、今年は昼夜の温度差などから色づきがよく、糖度も20度以上の美味しいブドウになっているという事で、出荷量は例年並みの44トンを見込んでいます。

 

初出荷されたデラウェアは、ビニールハウスで加温栽培されたもので、今後は半加温から無加温、露地ものの順に8月中旬ころまで出荷が続く予定です。

 

JA尾道市管内では、現在 木ノ庄西などを中心に28戸の農家、4.1haでデラウェアの栽培が行われていて、全ての農家で農薬を使用した日などを記す栽培管理日誌を取り入れ、安心・安全な尾道ぶどうをPRしています。

尾道中学校・高校 体育祭

尾道中学校・高校 体育祭 2019年5月17日放送

 

向島町の尾道中学校・高等学校で5月9日、第62回体育祭が開かれました。

 

今年は、中学校と高校合わせておよそ800人の生徒が参加し、赤組・青組・緑組に分かれて、19のプログラムに取り組みました。

 

晴天の下、生徒たちは、綱引きやリレーなどの競技で一生懸命競い合い、応援席からは大きな声援が送られていました。

 

尾道学園 体育祭名物の集団行動では、号令役の掛け声に合わせて、ユニークな動作も取り入れながら一糸乱れぬ動きを見せていました。

 

また、地面に敷かれた網の中をくぐったり、小麦粉の入った箱の中から口を使って飴を探したりする障害物競走などもあり、会場は一日中歓声に包まれていました。

 

訪れた保護者たちは、「中高合同の体育祭なのでとても盛り上がる。生徒たちの頑張る姿を見て元気を貰っています」と話していました。

デンタルフロス寄贈

デンタルフロス寄贈 2019年5月17日放送

 

 

尾道市歯科医師会は5月16日、市内の公立中学校の1年生を対象に、歯の間の汚れを落とす器具「デンタルフロス」を寄贈しました。

 

門田町の総合福祉センターで行われた贈呈式では、尾道市歯科医師会の小山重夫会長から平谷祐宏尾道市長に目録が手渡されました。

 

歯科医師会からの寄贈は、永久歯が生えそろう時期の中学一年生に対して、歯の健康づくりを呼びかける目的で2009年から毎年行われています。

 

小山会長は、「歯と口の健康づくりに興味を持ってもらい、習慣にして欲しい」と話していました。

 

今回は、因島・百島地域を除く市内の12校に、合わせておよそ1800本のデンタルフロスが贈られ、各校で歯の保健指導などに役立てられます。

因島アメニティまつり

因島アメニティ公園まつり 2019年5月16日放送

 

 

GW中の因島の恒例イベント「因島アメニティ公園まつり」が5月3日・4日の両日、因島大浜町の因島アメニティ公園でありました。

 

太鼓演奏・水軍武者体験・屋台など沢山の企画があり、先天に恵まれ、多くの人で賑わいました。

 

因島村上水軍の伝令船「小早」の体験乗船には、800人が参加し、子ども達が自分の背丈よりも大きな櫂を、一生懸命に漕いでいました。

 

因北中学校の生徒がサポート役を務めた「武者体験」のコーナーは、子ども達が甲冑や兜を身につけて、写真に納まっていました。

 

因島でプロ契約の選手が誕生するなど盛んになっている「フリースケート」のコーナーでは、プロの技を披露する場面があり、訪れた人が盛んな拍手を送っていました。

 

大人気の魚のつかみどりでは、タイ・ヒラメ・チヌなど大きな魚を子ども達が追いかけていました。

 

屋台では、因島特産の柑橘「安政柑」や「八朔」の販売もあり、沢山の人が買い求めていました。

 

今年は、10連休と言うこともあり、主催者発表によると、両日で、およそ4万8千人が訪れました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
343ページ中3ページ目