HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

第25回あじさいき

第25回あじさいき  2015年7月1日放送

 

尾道ゆかりの作家「林芙美子」を偲ぶ、第25回「あじさいき」が6月28日、尾道本通り商店街の芙美子像前で行われました。

 

「あじさいき」は、芙美子の好きだった「あじさいの花」にちなみ芙美子の命日に合わせて毎年開かれているイベントで、会場では冒頭、あじさいきの発起人で昨年10月に亡くなった池田康子さんを偲び、黙とうが行われました。

 

その後、尾道本通り連合会の中川潤会長らの挨拶があり、芙美子の母校である尾道高等女学校、現在の尾道東高校の生徒や、土堂小学校児童らが校歌を合唱。

芙美子の代表作である放浪記の一節を朗読し、芙美子像へ紫陽花の花を献花しました。

 

その他にも、びんごフルートアンサンブルの演奏や参加者全員での合唱なども行われ、

来場者らは美しい音楽に耳を傾けながら、尾道ゆかりの作家に思いを巡らせていました。

 

また、「あじさいき」終了後には、池田康子さんを偲ぶ会が、商店街のおのみち芙美子記念館で開かれました。

 

会場には、芙美子像 制作者の高橋秀幸さんやあじさいきを主催するあじさいの会のメンバーなどおよそ30人が参加し、思い思いに池田さんとのエピソードを語りながら故人の遺徳を偲んでいました。

 

 

「あじさいき」は林芙美子研究家でもあった池田さんを中心に、1991年から行われているイベントで、今回から尾道本通り連合会も主催に加わりました。当日は芙美子の学生時代や作家時代などに扮した参加者が商店街をパレードし、芙美子をテーマにしたマップの配布やコンサートなどを開き、商店街全体であじさいきをPRしました。

「かのこ」で歌声喫茶

画廊喫茶「かのこ」で歌声喫茶 2015年6月30日放送

 

コーヒーなどを飲みながら、演奏に合わせて皆で歌う「歌声喫茶」が28日、久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」で開かれました。

 

「歌声喫茶」は、およそ45年前に「かのこ」が開店した際、10年間ほど続けられたイベントで、およそ35年ぶりに復活しました。

 

会場には、満席となる47人が訪れ、歌詞の映し出されたスクリーンを見ながら、「翼をください」「戦争を知らない子供たち」など20曲をギター演奏とともに歌いました。

 

20曲の中には、1970年代や80年代の曲が多く、来場者は煎れたてのコーヒーの香りが漂う中、身体全体でリズムを取ったり、手拍子したりして、全員で楽しく歌っていました。

 

「かのこ」は1971年に純喫茶としてオープン、およそ10年間、月に1回のペースで歌声喫茶を開き、10代後半から20代の若者が集いました。

 

経営者の平林孝典さんが、全国的に「歌声喫茶」復活の動きがあるのを知り「年齢を重ねても、みんなで交流できる場を作りたい」と企画し、演奏やリードは、かつて歌声喫茶の常連だった、西御所町の魚谷悟さんたちが担当しました。

 

「かのこ」では、今後も歌声喫茶を定期的に開催することを計画しています。

6月議会閉会

6月議会閉会 2015年6月30日放送

 

尾道市議会6月定例会は30日、最終日を迎え、総額およそ1,400万円を増額する一般会計補正予算案など30議案を可決しました。

 

一般会計補正予算の主なものは、日本遺産に認定されたことに伴い設立された「尾道市歴史文化まちづくり推進協議会」への負担金4,900万円などです。

 

任期満了に伴う、教育委員の任命について、潮見町のなかた美術館館長中田冨美さんを再任。公平委員に西土堂町「持光寺」の松岡昭禮住職を再任し、監査委員には御調町の尾道しまなみ商工会前会長、内海和男さんに新しく決まりました。

 

中央省庁などに送る意見書は、「働き過ぎの防止と良質な雇用の確立を求める意見書」「認知症への取り組みの充実強化に関する意見書」など5つを可決しました。

 

又、しまなみ海道の橋や渡船などの航路を含めた市民の生活道路に関する調査を行なう特別委員会が設置され、委員長は福原謙二議員、副委員長は星野光男議員となりました。

 

議会の様子は、30日午後9時から再放送します。

祇園祭三体廻し

祇園祭三体廻し 2015年6月29日放送

 

久保八坂神社の例祭「祇園祭三体廻し」が27日、市中心部で行われました。

 

三体の神輿が安置されている久保八坂神社では、総代会や神輿の担ぎ手達が見守る中祭りの成功と担ぎ手達の無事を祈り神事がとりおこなわれました。

 

お社から神輿が引き出されると、太鼓の音と「よいやさーの、よいやさ」の威勢の良い掛け声とともに神社を出発。町内を巡り三体廻しが行われる尾道渡船場前の会場を目指しました。

 

多くの観客がつめかけた会場では、久保小学校児童による子ども神輿が披露され、元気いっぱいに会場を練り歩き祭のオープニングを盛り上げました。

 

尾道三体みこし保存会 城間 和行 会長のあいさつ、神輿の披露に続き三体揃い踏みが行われ、タイムトライアルによる勇壮な神輿の競り合いが繰り広げられました。

 

結果、三つ巴の一宮神社が11秒05の好タイムで一番に幟につける権利を獲得、三つ巴に続き二つ巴・一つ巴の順に幟につけた三体の神輿が回りだすと、会場から大きな声援が送られました。

 

来場者は力強さと情緒溢れる尾道ならではの祭りを満喫していました。

 

三体廻しの模様は、8月10日から再放送でお送りいたします。どうぞお楽しみに。

木ノ東小 環境学習

木ノ東小 環境学習 2015年6月26日放送

 

木ノ庄東小学校で6月23日、せっけんづくりを通して環境について学ぶ授業がありました。

 

3年生から6年生までの児童と保護者・教員ら、およそ50人を前に、せっけん製造会社太陽油脂の長谷川治さんが「これでわかる石けんと合成洗剤」と題して、合成洗剤と石けんの違いを詳しく語りました。

 

長谷川さんは「合成洗剤は油分など有害な物質を含んでいて環境に悪いが、石けんは天然資源で出来ているので、川の水をきれいに保つ事ができる」と話し、簡単な装置を使って実験しながら、説明しました。

 

最後に全員でパーム油・オリーブ油とナトリウムを使った自然に優しい石けん造りに挑戦し、好きな形に固めた石けんに手づくりの花を乗せて完成させました。

 

6年生の光永健太君は「環境に優しい石けんなら、川に流してもホタルを増やすことがでる」と喜び、村上美侑羽さんは、「植物だけで石けんが出来ることを初めて知りました」と話していました。

 

木ノ庄東小学校では、地域住民と共に、学校の近くを流れる木梨川の水質浄化に取り組んでいて、ホタルが今より増えるように環境学習を続けています。

 

<< 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 >>
281ページ中240ページ目