HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

写真のまち尾道四季展

第7回写真のまち尾道四季展 2016年2月25日放送

 

尾道を題材に撮影された写真のコンテスト「第7回写真のまち尾道四季展」の展示が2月20日、西土堂町の市立美術館で始まり、初日には入賞者の表彰式がありました。

 

7回目となるコンテストには、西日本を中心に410人から、1783点の応募がありました。昨年12月に行われた審査で、大賞1点・金賞2点、・銀賞3点・銅賞5点・入選20点・佳作30点が決まり、展示会には、優秀作品およそ50点を含む、入賞作品全てが並べられています。

 

訪れた人たちは、個性豊かに切り取られた尾道の写真を熱心に鑑賞していました。大賞に選ばれた、岡山県倉敷市の高見靖子さんの作品「カメラと笑顔に囲まれて」は、尾道ベッチャー祭りの一場面です。

 

市内入賞者の内、金賞に輝いた小西善徳さんの「夕映えの丘」は、瀬戸田町にある大理石で作られた丘「未来心の丘」の写真で、夕日に浮かびあがるモニュメントと家族の様子が印象的に切り取られています。

 

銀賞の村上哲朗さんの「光る海」は、因島から見た瀬戸内の多島美をきらきら光る海とフェリーなどで表現しています。

 

応募作品の講評で審査員は「尾道には都会では開催できないような行事が沢山あります。大きな観光資源ともなる地域の行事が題材になっていて良かった」と述べています。

 

作品展は3月6日(日)まで尾道市立美術館で開かれています。

手紙作文コンクール 表彰式

手紙作文コンクール 尾道東校高の生徒 入賞 2016年2月24日放送

 

尾道東高校1年の高垣 直矢さんが、日本郵便主催の「第48回手紙作文コンクール」絵手紙部門で金賞を受賞し、2月17日、同校で表彰式が行われました。

 

式では、尾道郵便局 中村 勉局長から高垣さんに、表彰状と記念品が手渡されました。

 

高垣さんの作品は、祖父が亡くなったことで塞ぎ込んでいた祖母に宛てて書いたもので、生前に祖父が植えて豊作になった栗の実と共に、祖母への優しい言葉が添えられています。

 

高垣さんは、「良い賞をもらえて、とてもありがたいです」と話していました。

 

手紙作文コンクールは、手紙文化の振興を図るとともに、文章表現によるコミュニケーションを通じて心豊かな子どもたちを育むことを目的として、日本郵便が毎年開催しています。

 

今回は、全国から12万3,013点の応募があり、346点が入賞しました。

土堂小二分の一成人式

土堂小二分の一成人式 2016年2月23日放送

 

10歳の決意を語る、二分の一成人式が2月20日、土堂小学校で開かれました。

 

「二分の一成人式」は、20歳までの折り返しの年齢にあたる10歳の児童が「将来の夢」や「志」を発表する催しで、土堂小の4年生36人が式に臨みました。

 

式辞で土堂小学校の佐々木智彦校長は「社会のため、世界の人のために自分の力がどのように役立てられるかを考え、そのために努力してほしい」と述べ、手塚淳三育友会副会長が「二分の一成人式を機に、“これだけは誰にも負けない”と言えるものを身につけるために努力して下さい」と激励しました。

 

その後、保護者や他の学年の児童らが見守る中、4年生が1人ずつ檀上に上がり、将来の夢や決意、志を元気に発表しました。

 

最後に、記念行事として2008年度の卒業生で、現在同志社大学で学んでいる豊田大朗さんが後輩へのメッセージを述べました。

 

豊田さんは「将来の夢をかなえる為にも、これから先は何にでも興味を持って取り組んでほしい」と話し、自身の夢は「鉄道会社に入って新しい車両を走らせたい」と語っていました。

 

4年生の発表の様子は、3月21日から番組で放送予定です。お楽しみに!

上平プロ指導

上平プロ 指導 2016年2月23日放送

 

尾道うずしおカントリークラブで2月14日、ジュニア育成ゴルフ大会が開かれ、尾道出身のプロゴルファー、上平栄道さんが指導などを行いました。

 

市教育委員会と市体育協会が開催したこの大会は、上平プロを応援するとともに、ジュニア世代の競技力向上を目的として行われたもので、今回が初めてです。

 

一般の部と高校生までのジュニアの部に合わせて120人が参加し、競技に入る前に、上平選手から指導を受けました。

 

主にバンカーショットについて練習が行われ、上平さんから、打つときの体の向きなど、細かくアドバイスがなされていました。

 

上平選手は、2001年のプロテストで合格し、2012年の「日本ゴルフツアー選手権」では、2位になるなど活躍しています。

 

指導を受けた前田敏喜さんは、「説明が分かりやすく、的確で、イメージがしやすかった。」と話し、上平選手は、「地元でレッスン出来てとても嬉しい。プロを目指すジュニアが出てくれば嬉しい。」と期待していました。

 

また、尾道市体育協会会長の元廣清志さんは「ジュニア達が上平選手のように大きく育ってくれれば嬉しいです。」と話していました。

 

新開地区活性化イベント

しんがいゴー!ゴー!まつり 2016年2月22日放送

 

市内有数の歓楽街 新開で、様々なイベントを行う「しんがいゴー!ゴー!まつり」が3月6日まで、地区内の店舗などで開かれています。

 

この取り組みは、近年、賑わいが減少している新開地区を盛り上げようと今年初めて開かれているもので、43店舗が参加し、期間中は毎日イベントが行われています。

 

2月14日は、参加者が新開の街を自由に散策して、好きな風景を題材に俳句を詠む「しんがいイメージトレーニング」が、久保2丁目の八坂神社で開かれました。

 

これは、参加者が新開の風景を題材にした句を作り、その句に表れた心理を分析するもので、尾道学研究会顧問で九州大学哲学会 会長の荒木 正見さんが講師を務めました。

 

市内外から訪れた16人の参加者らは、店や看板、野良猫など、それぞれ街の中で見つけた好きな題材で句を詠み、荒木さんが一人一人の心理状況を解説。参加者らは、新開のイメージを元にした自らの心理分析に聞き入っていました。

 

久保2丁目の「ライブハウス 尾道B×B」では、市内外からガールズボーカルバンドを集めたライブが行われました。

 

尾道市立大学の学生らによるバンドや、埼玉県で活動しているインディーズのバンドなど6グループが参加し、会場は多くの若者で盛り上がりました。

 

久保1丁目の「大衆酒処 米徳」では、蓄音機で昭和の演歌などを流すコンサートが行われ、店内は懐かしい雰囲気に包まれていました。

 

この他にも期間中、各店舗をギターの弾き語りが訪れる企画や、飲食店の特別サービス、酒の飲み比べなど様々なイベントが開催されます。

 

「しんがいゴー!ゴー!まつり」実行委員会の大塚 信一さんは、「期間中はぜひ多くの人たちにイベントを楽しんでもらい、新開の古き良き街の雰囲気を感じてもらいたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 >>
337ページ中243ページ目