HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

新年初市

尾道浜問屋協同組合 新年初市 2016年1月12日放送

 

尾道浜問屋協同組合は5日、土堂2丁目の住吉神社で恒例の新年初市を開きました。

 

新年初市は、江戸時代からおよそ300年以上続くと言われる伝統行事で、当日は組合加盟企業の関係者らおよそ120人が参加しました。

 

初市の前に営まれた神事では、組合幹部らが業界の発展と今年の豊漁を祈願し、永年勤続表彰では、組合企業に勤めて10年になる16人に賞状と記念品が贈られました。

 

浜問屋協同組合の片岡 文彰理事長は挨拶で、「我々は魚介類が豊富でなくては商売ができない。今年1年、素晴しい年になるよう、みんなの力を結集してがんばりましょう」と呼び掛け、尾道海産株式会社 常務取締役の森川 陵さんを競り人に、今年の初競りが行われました。

 

競りは「札入れ」という方式で行われ、仲買人らが瀬戸内産のいりこやチリメンなど境内に並べられた乾物の周りに集まり、威勢の良い掛け声を上げながら商品の値段を書き込んでいきました。

 

現在、尾道浜問屋協同組合の加盟企業は34社で、古くから全国に販売ルートを持っている企業が多いことから、初市でついた値段は、その年の全国相場を左右するとも言われています。

 

今年は、40品目およそ18トンが競りにかけられ、取引額は昨年並みのおよそ3,173万円でした。

 

片岡理事長は「ここ数年カタクチイワシや真いか、昆布の不良が続いているので、今年は是非とも大漁になるよう期待している」と話していました。

データ放送一時休止

機器不良により、コミュニティチャンネルのデータ放送は、

当面の間、ご利用できません。

 

お客様におかれましては大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

ご理解いただきますようお願いいたします。

翔龍会 クリスマス茶会

翔龍会 クリスマス茶会 2015年12月22日放送

 

尾道市の光明寺で20日、翔龍会(しょうりゅうかい)主催のクリスマス茶会がありました。

 

これは、市民の交流の場を提供し、様々な企画を行っている翔龍会の主催で開かれた茶会で、クリスマスに近い事から洋風の趣向を取り入れた茶会となりました。

 

クリスマス飾りが施された茶室で、お茶が立てられ、点心には洋食が用意されました。

 

参加者がクリスマスツリーに1本づつ花を指して行き、最後にツリー全体を完成させるという趣向もあり、案内された人達や小学生がお茶や、和洋折衷の雰囲気を楽しみました。

 

その後、境内や本堂では、ヒップホップグループのダンスや、栗原小学校コーラス部による合唱、尾道で活躍をしている黒飛信二(くろとび しんじ)さんのギター演奏があり、訪れたおよそ100人が大きな拍手を送っていました。

 

主催した、翔龍会(しょうりゅうかい)代表の宇根本 茂(うねもと しげる)さんは、「、お茶や、お花、書道、ダンスなど色々なことをしている。この活動が、尾道市の文化の向上に少しでも役に立てれば嬉しい。」と話していました。

 

市内の小中学校 終業式

尾道市内の公立小中学校 終業式 2015年12月22日放送

 

尾道市内の公立小中学校で22日、終業式があり、土堂小学校では「土堂っ子太鼓」の「たたき納め」がありました。

 

体育館に全校生徒が並ぶ中、6年生が太鼓を披露し、2003年度の卒業生が作曲した「龍神」と呼ばれる曲を演奏しました。

 

児童は、真剣な表情で一生懸命に太鼓を叩き、1年の最後を締めくくりました。

 

「土堂っ子太鼓」は、尾道ベッチャー太鼓のメンバーから指導を受けて始まったもので、小学校で20年以上続けられています。

 

現在では、入学式や敬老会・地域の祭りなどで演奏されていて、上級生が下級生に叩き方を教えることで受け継がれ、土堂小学校の伝統になっています。

 

演奏後の終業式で、佐々木 智彦校長は「2学期が終われば、3学期が始まり、その先は進級です。常に高い目標を持って挑んでください。来年1月7日には元気な姿で会いましょう」と呼びかけました。

 

また、児童の自立性を育む教育活動が評価され、17日に受賞した文部科学大臣表彰について、「みなさんの日頃のがんばりが認められた成果です。今後もこの賞の名に恥じないように学習をがんばっていきましょう」と激励しました。

 

初めて冬休みを迎える1年生の前田 花奈ちゃんは「休み中は、もちつきをしてみたいです。3学期は算数の式を間違えずに書けるようになりたい。」と話し、同じく1年生の垣根 楓君は「絵を描くのが好きなので、休み中にたくさん絵を描きたいです。3学期は縄跳びの駆け足飛びに挑戦したい」と話していました。

 

22日は、市内の公立小中学校45校で終業式があり、およそ2週間の冬休みに入ります。

AFS歓迎パーティー

AFS尾三支部 歓迎パーティー 2015年12月22日放送

 

外国人留学生の受け入れなど、国際交流活動を行なっているAFS尾三支部の歓迎パーティーが19日、山波町で行なわれました。

 

 

会場では、外国人留学生8人と受け入れ家族や尾三支部の会員ら、およそ60人が参加して、食事やゲームを楽しみました。

 

岡野支部長の挨拶があり、現在市内の高等学校などに留学している5人が自己紹介しました。

 

尾道東高校に通うタイからの留学生ニンクさんは「友達やホストファミリーに色んなところに連れて行ってもらい、益々日本が好きになりました」と話し、尾道高校に通うオーストラリアのテスニさんは「日本の歴史や文化を学んでいるが、とても奥深くて、おもしろい」と話していました。

 

又、今回は日本の外務省が主催している外国人の招待プログラムで尾道に滞在している短期留学生3人も参加して、自己紹介と出身国の紹介をしました。

 

タジキスタンのイスロムさんは「日本のアニメが好きです。尾道ではお菓子の製造工場を見学、日本の技術は素晴らしいと感じました」と話していました。

 

自己紹介が終わると、持ち寄られた各国のお菓子や料理を食べて、ゲームをしながらを交流を深めました。

 

AFS尾三支部は来年1月17日(日)に、留学生の日本語発表会を、総合福祉センターで行ないます。

 

岡野支部長は「どなたでも参加できますので、ぜひ留学生との交流を楽しんでください」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 >>
330ページ中247ページ目