HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

オオハマ監督 劇上演

リンダ・オオハマ監督 祖父の劇を上演 2019年9月3日放送

 

 

尾道ゆかりの日系カナダ人映画監督、リンダ・オオハマさんが、因島からカナダに渡った祖父の軌跡を辿る劇を製作し、8月17日・18日に、カナダのバンクーバーで上演しました。

 

 

演劇は「内海から」というタイトルで、上演会には、日系人を中心に、およそ200人の観客が訪れました。

 

オオハマ監督の祖父、村上オトキチさんは、1886年広島県で生まれ、7歳から因島の船大工の見習いとして船作りを学び、17歳でカナダに渡りました。

 

小さな造船所を建て、カナダで船作りのビジネスが軌道に乗ったさなか、太平洋戦争が勃発。日系人は、政府から資産没収・強制収用を受け、オトキチさんも資産を没収され、遠隔地で抑留生活を送りました。

 

戦後、オトキチさんは、カナダ政府への資産返還請求で、車や宝石などの高価なものではなく、造船に使用する建材や工具の返還のみを要求。日本人として、そして船大工としての誇りを忘れず、異国の地で生きました。

 

演劇は、尾道から大きな夢を抱いてカナダへ渡った少年が、戦争という不条理に翻弄されながらも夢を諦めることなく生きた歴史を描いています。

 

上演は、オトキチさんが立てた小さな造船所で行なわれ、劇中に登場する尾道や因島の映像は、オオハマ監督の活動をサポートしている、長江二丁目の映像制作会社「イービジョン」が提供。衣装は、NPO法人尾道てごう座が協力しました。

 

オオハマ監督は「祖父のスピリットが蘇り、観客と一つになる事が出来た」と語り、劇を見終えた観客は「ストーリーもさることながらお芝居と映像の融合で、感動的でした」と話していました。

 

オオハマ監督は、祖母も尾道市出身で、今までに祖母を題材にしたドキュメンタリー映画や、東日本大震災を題材にした作品を制作するなど注目を集めています。

市議会9月 開会

尾道市議会9月定例会 開会 2019年9月2日放送

 

 

尾道市議会は9月2日、定例会を開会し、報告9件と、およそ8億4,600万円を増額する2019年度一般会計補正予算案など26議案ほかを上程しました。


補正予算案の主なものは、新しい本庁舎の建設工事に係るものや、災害復旧費などです。

 

本庁舎の建設工事は、物価の上昇に伴い、スライド条項を適用し、材料費や人件費等を増額。設備に関しても、制御システムの見直しや、防犯カメラの台数を増やすため、合計8,400万円余りを計上しています。

 

昨年の豪雨災害からの復旧費は、農林水産施設や、公共土木施設だけでなく、教育施設の復旧費も計上しており、山波小・長江小・吉和中学校の、がけ崩れなど復旧工事に1億700万円としています。

 

その他、高齢者の肺炎球菌の予防接種などに1,000万円、「石見銀山街道」の日本遺産認定を目指して、協議会への負担金50万円などとなっています。


補正予算以外の議案の主なものとして、尾道市市民会館を廃止する条例案が上げられています。耐震診断の結果、強度不足が指摘され、会館の4階会議室など、フリースペースとしての利用が2020年度から出来なくなります。

 

市立の夜間定時制高校「尾道南高校」を、来年度から単位制に移行し、授業料などの費用に関する条例改正案も上がっています。現在南校は、1年ごとに必要な単位を定める「学年制」ですが、必要単位数を満たせば卒業できる「単位制」に移行することで、退学者などを減らす試みです。

 

尾道市消防団の入団資格を18歳以上の学生へも広げる条例改正案などもあります。

 

定例会の会期は9月18日までの17日間で、9月4日から6日にかけては、議員の一般質問が行われます。「ちゅピCOMおのみち」では3日間とも生放送・再放送を予定しています。

 

本日の議会の模様は21:00から再放送します。

フリースケート世界1位に 

フリースケート世界1位に    2019年9月2日放送

 

因島のフリースケートチーム「零」のメンバーが、7月下旬に中国の武漢市で開かれた世界大会で初優勝し、8月30日にメンバーや関係者たちが平谷祐宏尾道市長に大会の結果などを報告しました。

 

初優勝を飾ったのは、「零」のメンバーで尾道東高校1年の山根優希君で、同じく大会に出場したチームメイトで尾道高校1年の中村昌太郎君、「零」の代表の岡野貴文さん達と共に市長室を訪れました。

 

フリースケートは、左右一組の車輪付きのボードに足を乗せて滑るアメリカ生まれのスポーツで、大会にはアメリカや中国など7か国からおよそ500人が参加。

山根君は1対1で技を競い合う「スケートゲーム」に参加し、出場したおよそ40人のトーナメントを制しました。障害物などを乗り越える「ストリート」部門に出場した中村君もベスト15に進出するなど活躍しました。

 

チームは2013年の結成以来、因島を拠点に活動を続けていて、小学6年生から加入した山根君と中村君は互いにチームで腕を磨き、現在はフリースケートの用具メーカーとスポンサー契約を結ぶプロ選手として活動しています。

 

世界大会へは2人とも初めての出場で、山根君は「残りの部門でも1位になってフリースケート界で1番になりたい。もっとフリースケートを活性化して因島から発信したい」と力を込め、中村君は「次の世界大会ではトップ3を目指したい」と意欲を見せていました。

JA尾道市 テント寄贈

JA尾道市 テント寄贈     2019年8月30日放送

 

JA尾道市は地域貢献活動の一環として8月28日、御調地区の公民館へ災害時の避難所運営などで使用できる簡易式テントを寄贈しました。

 

御調町の市公民館で寄贈式が行われ、JA尾道市の村上久男代表理事専務が、尾道市生涯学習課の内海直子課長に目録を手渡し、内海課長から感謝状が贈られました。

 

JA尾道市の寄贈は、地域貢献活動の一つとして3年前から行政や地域団体などを対象に行われているもので、尾道市へはこれまでに、カーブミラーやイノシシ用の防護柵など地域の要望に合わせた物品が贈られています。

 

今回寄贈されたのは、3.6m×5.4mのテント7張りで、昨年の豪雨災害などを踏まえて、より設置が簡単なワンタッチ式のタイプが選ばれました。

 

テントは御調町内の7つの公民館にそれぞれ贈られ、防災や公民館での活動などに役立てられます。

ケーブル女子団 尾道番組

ケーブル女子団 尾道の番組制作開始 2019年8月28日放送

 

中四国・関西地方のケーブルテレビ局の女性スタッフたちで作る「ケーブル女子団」が、現在、尾道を舞台にした番組制作に取り組んでいます。

 

ケーブル女子団は、女性ならではの視点で魅力的な番組作りを行おうと、2017年に発足した団体で、現在、ケーブルテレビ局39局の女性スタッフが所属していています。

 

ディレクションや撮影、編集など全ての業務を女性スタッフたちが手掛け、中四国・関西地方の観光情報番組などを制作しています。

 

今回の番組は、ケーブル女子団の第6弾の企画として制作されるもので、尾道の神社仏閣などのパワースポットを紹介する予定です。

 

8月27日には、土堂2丁目の多目的施設「スペース帆」で企画会議が開かれ、出席した22人が、番組内容に関する意見交換を行いました。

 

ケーブル女子団の団長を務める島根県のケーブルテレビ局、石見ケーブルビジョンの魚田典子さんは、「一人一人の意見をしっかり取り入れながら、より良い番組制作に取り組んでいきたい」と話していました。

 

今回制作される番組は、12月中にコミュニティチャンネルで放送予定です。ぜひご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
365ページ中4ページ目